ゴルフスウィング時の下半身の本当の使い方 18

関西・大阪で唯一ゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナー 小岡 洋天 です。

 

 

本日はゴルフスイング時の下半身の使い方について考えていきます。

 

よくゴルフの雑誌や本などで下半身を“安定”させることが重要だと書かれています。

これは私自身もホームページに“安定”という言葉を使っていますが、雑誌や本に書かれている“安定”とは少し違うように感じます。

 

というのも私が考える下半身の“安定”とは

「いかに効率的に楽に地面を押すことができるか」

とうことです。

 

例えば、もしピアノ線であなたが宙づりになったとします。

そしてその状態でゴルフスイングをしたと想像してください。

 

いかがですか?

 

うまくスイングができるイメージがありますか?

 

まず無理だと思います。

 

ふらふらして軸が定まらない感覚が想像できると思います。

 

このようにゴルフスイングの土台は、この地面を押して返ってくる力(地面反力)を利用して下半身を安定させているのです。

そしてこの力によってスイング中の体重移動がスムーズになり、自然に腰も回転され、飛距離が伸びるのです。

 

ほとんどの人が地面が“ある”のがあたり前すぎて効率的に地面を押す能力が低下しています。

 

まずは地面を効率的に(楽に)押すこと

ここを最初の土台としてゴルフ飛距離アップのためのカラダに変えていきましょう。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 飛距離と方向性の両立 498

  2. プロが考える“飛ぶカラダ”とは? 394

  3. ローリー・マキロイのトレーニング 8

  4. ゴルフのための体幹とは? 342

  5. 上半身トレーニングの是非について 350

  6. どうして同じ“スクワット”でも効果は違うのか 214

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.11.30

    【2022年版】女子ツアーのデータから見えてきた今後プロ…

  2. 2022.11.20

    感動しました 543

  3. 2022.11.15

    50歳を超えたフィル・ミケルソン、なぜ飛距離が落ちないの…

  4. 2022.11.08

    蝉川プロが練習前にしていた意外な行動 541

  5. 2022.10.30

    プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540