飛距離アップのための効率的な動き


飛距離アップのための効率的な動きとは何か?
そう聞かれるとどんなことをイメージされますか?

・足を使う動き(下半身リード)
・体幹を使う動き
・ハンドファーストになる動き
・切り返しでタメを作る動き
・切り返し後に沈み込む動き
・腰の回転を使う動き

など、いろいろなイメージがあると思います。

しかし、実際にそれを練習場で試したけど上手くいかない。
仮に練習場で上手くいったとしても本番では
使い物にならなかったという経験はありませんか?

実はかくいう私も同じ経験をしていました。

プロと同じ動きをしているはずなのに
実際は全く違う動きになっている。

逆に動きがぎこちなくなってスイングが分からなくなった…
なんて一度や二度ではありません。

これはそもそもの
根本的な考え方が間違っていたんですね。

と言うのも
飛距離アップのための効率的な動きとは

“カラダ” を効率的に動かそうとするのではなく
“クラブ” を効率的に動かした結果、効率的なカラダの動きになる

ということです。

これはどういうことかと言うと
まずゴルフスイングというのは
二つの振り子によって作り出されてます。

一つ目が、グリップを支点にした“クラブ振り子”

 

二つ目が、首を支点にした“カラダ振り子”↓です。

 

基本的にこの二つの振り子が合わさってスイングが形成されてます。

 

しかし、多くのアマチュアの場合
下半身や腰をどう動かそうかばかり考えてしまい、
肝心のクラブ振り子の動きを無視しています。

これをやりすぎると手の感覚が悪くなり
クラブの効率的な動きを阻害してしまいます。

これは切り返しで
球にフェース面を正確に合わせすぎる動きだったり、
力んでターゲット方向にクラブを押す動きも同じで、
クラブ本来の動きから遠ざけてしまいます。

これがヘッドを効率的に加速せず、
減速しながら球に当たる弱いインパクトになるのです。

なので効率的なヘッドの動きをするには
クラブ振り子の周期を崩さない手の教育が重要となる訳です。

そうすると振り子の周期を崩さないように
グリップ内の圧力を変化させる必要があります。

そして

クラブの動きに合わして身体は“自然”に動き、
効率的なカラダの動きが促される

のです。

切り返しの沈み込みや、体幹の側屈などのフォームは、
クラブの振り子の周期に手が合わそうとした結果です。

いくらプロのスイングを真似ようとしても、
そうなった根本の原因は目に見えない部分、
グリップの中 にあるので結局は上手くいきません。

あなたの周りにも
軽く振っているように見えて
ドライバーが飛ぶ人はいませんか?

実はその秘密はここにあるのです。

プロの多くも幼少からゴルフをすることで
綺麗なスイングを獲得していますよね。

これは小さい頃には腕力がないので
クラブの振り子運動を利用しなければスイングができませんでした。

なので自然と振り子の周期を崩さない手の感覚が備わった結果、
“滑らかなスイング(カラダの効率的な動き)”が作られたということです。

結局 スイングは
“クラブによって導かれる”
ということだったんですね。

この本質を忘れてプロの動きを真似ようとしても
肝心の手の教育ができていなければ(身体能力が上がったとしても)
ドライバーで安定的に飛ばすことはできません。

そのために手の教育は必須です。
これは脳のイメージ(解釈)を変えることでもあり、地道な作業にもなります。
人によれば時間がかかるかもしれません。
しかし、一度この感覚を獲得すればプロのような淀みないスイングが出来ます。

もうロボットみたいな なぎごちないスイングや
一発狙いのマン振りスイングとは卒業してください。
プロの歩んできた 学習過程の本質 を知り、それを習得して周りを驚かせましょう。

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.11.30

    【2022年版】女子ツアーのデータから見えてきた今後プロ…

  2. 2022.11.20

    感動しました 543

  3. 2022.11.15

    50歳を超えたフィル・ミケルソン、なぜ飛距離が落ちないの…

  4. 2022.11.08

    蝉川プロが練習前にしていた意外な行動 541

  5. 2022.10.30

    プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540