怪我をよくしてしまうゴルファーへ 555

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

ゴルフが上手くなるために

プロのスイングを真似て、

頑張って練習はしてるけど

肘や腰、首を痛めたりして

思い通りにゴルフができない、、

柔軟性や筋力がないのかな、、

と 悩んだりしたことはありませんか?

 

 

もしかしたらそれは

柔軟性や筋力がないからではなく、

クラブ本来の動きを無視して

無理矢理カラダでコントロールした

結果かもしれません。

 

 

これはどういうことかというと、

スイング中、クラブに対する

カラダへの負荷(遠心力)は

40〜80kgほどにもなり、

それをスイングのわずか1秒程度で
切り返しからインパクトだと0.3秒ほどで

カラダを意識的に使って

クラブをコントロールすることは

ほとんど不可能だからです。

 

カラダが伸び上がったり、

腰が回らなかったりするのは

“クラブの動き”に対して

カラダが反射的に反応した結果。

 

これは

切り返しのグリップの圧力が

クラブの動きを決めているから

です。

 

そのクラブの動きから伝わった

手の中の察知能力によって

カラダが本能的に動いて

代償動作を生み出しています。

※代償動作:本来の動きを行うのに必要な機能以外の機能で補って動くこと
(ゴルフでいう代償動作は、伸び上がり・手元が高くなる・ハンドレイト・腰が回っていない など)

 

そうでもしないと

カラダへの負担が大きくなって

怪我をしてしまうからなんですね。

 

 

“悪いスイング”というのは

あなたのカラダが優秀でもある証拠。

 

そのため

あなたのカラダが悪い訳ではなく、

あなたのカラダを守ろうとした結果でもあります。

 

なので

プロの動きに近づけるには

カラダの動きを変えるのではなく

クラブの動き(クラブにかける力のかけ方)を

手の中で変えること

が大切です。

 

そして

クラブの振り子運動を

手で崩さないように調整することで

結果的にカラダへの負担が少ないスイング、

プロのようなスイングへと導いてくれます。

 

 

まとめると、

多くのゴルファーが怪我をするのは

① クラブの振り子運動を手の中で崩した結果

悪いスイング(悪っぽい動き)になる。

③ その悪いスイング(代償動作)を直そうとして

“カラダの動き”を無理やり直そうとした結果
( “クラブの動き”を直すのでなく、)

⑤ カラダへの負担が大きくなって

⑥ 関節に炎症を起こし、怪我をする。

ということです。

 

ですので

クラブが本来通りたいところを

通してあげるように促すことが

怪我を根本から予防・改善する道筋となります。

 

ちなみに下記の動画は

そういった“クラブの動き”を活かす

スイング解説にもなりますので

参考にしてみてください↓

 

ついでに言うと、

カラダはクラブが通りたい道を

通りやすくするためのバランサーであり、

その道をスピーディーに駆け抜ける

エンジン(パワー)にもなってきます。

 

なので手の教育ができた上で(これがスイングの土台

フィジカルを高めることが大切なんですね。

 

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.02.18

    プロとアマのスイングリズムについて 592

  2. 2024.02.11

    首切りスイングを改善し効率的な“飛び”へ 591

  3. 2024.02.04

    「引いて引く」を獲得する魔法の言葉 590

  4. 2024.01.14

    飛距離アップに必要なパワーを高める、最も効率的なこと 5…

  5. 2024.01.07

    大谷翔平のバッティングから学ぶ、ボールを正確かつ遠くに飛…