飛距離アップの考え方


ゴルフ飛距離はヘッドスピードミート率で決まります。

ミート率はスウィング技術の要素が多くを占めているので、
レッスンプロからスウィング技術を学ぶ必要があります。

しかしヘッドスピードは、柔軟性、効率的な動き、瞬発力が多くを占めています。
スウィングという一連の動作で、これらの能力がどれだけ重要なのかは、あなたもご存知のはずです。

ただ、実際にトレーニングをすれば
直ぐにヘッドスピードが上がるのかというと、そういう訳ではありません。

ヘッドスピード40m/sの人が43m/sまで上げたいとすれば、
時速140kmで投げるピッチャーが時速150km以上で投げるようなものです。
*ヘッドスピード3m/s上げる場合、時速で換算すると10km/h以上です。

成長段階の10代ならまだしも、
カラダが成熟しきっている大人なら、なおさら難しいことがわかると思います。

そこで飛距離アップのためのトレーニングでは柔軟性や効率的な動き、瞬発力を上げると同時に
脳のリミッターを外すトレーニングも行います。

これはボールを打つとき
脳が筋肉へ力を出す制限を無意識でしているからです。

これはどういうことかというと
「この大きさのボールならこれぐらいの力で十分だろう」
と脳が勝手に力を抑えているということです。
*これがいくら筋トレをしてもあまり飛距離が変わらない一つの原因にもなります。

例えば 脳が筋肉へ指令を出す信号を 10 だとし、
この時のヘッドスピードが 40m/s だとします。

しかし、
どんなに瞬発力をつけたとしても
実際にボールを打つときに脳が以前と同じ
10 のスピードを出せ!」
としか指令を出せていないとすれば
仮に 15 の力が出せる瞬発力を作り上げたとしても
10
の力しか反応せずヘッドスピードも 40m/s のままになってしまいます。

これでは時速140kmで投げるピッチャーが時速150km以上で投げれるようにはならないのです。

最後は脳のリミッターを外すこと!!


そのために最後は筋肉を支配している脳の思い込みを変えていかなければなりません。

筋力をつけたり、瞬発力を上げたりするのは
脳のリミッターを外した時にカラダの機能を最大限に活かすためです。

いくらトレーニングで筋力をつけたとしても
この脳のリミッターが外れていなければ
ヘッドスピードはあまり伸びません。

間違っても筋肉を大きくして、
ボディビルダーのようにムキムキになる必要はないということです。

筋肉を緊張させながら重たいウエイトを持ち挙げるトレーニングは、
ゴルフをする上でマイナスになってしまう可能性もあるからです。

飛距離アップに必要な筋肉は、効率的にパワーを発揮できる柔らかくて、しなやかな筋肉です。
スウィングの一瞬で柔軟性や瞬発力をフルに発揮できる筋肉を作りあげることが、脳のリミッターを外すトレーニングの前段階としては必要なのです。

柔軟性や瞬発力を最大限活かすために

つまり、脳のリミッターを外すことは
向上したフィジカルをスウィングスピードに最大限活かすことといえます。

一般的によく知られている筋トレで効果が得られない理由は、
この向上したフィジカルをスウィングスピードに効率的に活かすことを知らないままおこなっているからです。

最後に ここでのポイントをまとめると、

1.まずは、スウィングの土台である、柔軟性、効率的な動き、瞬発力を正しく向上させること。

2.それから、向上したフィジカルを最大限活かすため、脳のリミッターを外すこと。

この順番でトレーニングを行うことができればヘッドスピードを効率的にアップすることができます。
そして今まで飛ばすことができなかった飛距離を獲得することができるのです。

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.08.04

    ゴルファーが意外と知らない飛距離アップに効果的なサプリメ…

  2. 2021.07.28

    連日のラウンドでも疲れないためのトレーニング 490

  3. 2021.07.24

    東京オリンピック開幕 489

  4. 2021.07.21

    筋力は自信があるのに飛距離で負けてしまうのはなぜ?? 4…

  5. 2021.07.18

    捻転を意識しているけど上手くいかないあなたへ 487