お客様の声

「飛ぶと云われる最新ドライバーよりトレーニングの方が結果が出ました」

*トレーニング開始、半年後の変化

M・K様(50代男性/住所 大阪府松原市)

ドライバー飛距離220〜230ヤード⇨230〜250(最長)
ヘッドスピード40前後⇨44〜45m/s
なぜパーソナルトレーニングを始めようと思いましたか?
飛距離を伸ばしたい、この数年の課題でした。
ドライバー・シャフトを変えたり、バットで素振りをしたり、ジムでのマシーントレーニングなど自分なりに様々なことをしましたが結果がでない(飛距離が伸びない)。
自己流ではダメだと、何か違うことをしなければと思いネット検索で知った小岡さんのページを熟読し、これは私に合っているのではないか感じ始めることにしました。
トレーニングを始められてどのような変化や効果を感じますか?
その中で一番の変化は何ですか?
まず、体力の衰えを痛感しました。
トレーニングで徐々に体力・筋力アップを感じ、可動域・柔軟性(捻転)も増しました。身体も少し大きくなりました。
また、長年不安であった腰痛が改善されたことが何よりも嬉しいことです。
これからトレーニングをお考えの方へのアドバイスをお願いします。
一般ゴルファーにとって飛距離アップのトレーニングはまだまだ馴染みがないと思いますが、ほとんどのプロは取り入れています。一般ゴルファーも取り組む価値は十分あると思います。
個人的には飛ぶと云われる最新ドライバーよりトレーニングの方が結果がでました。
私(小岡)に関する感想等あれば教えてください。
小岡さんは身体の動きを見極めて適正な指導をしてくれます。私の疑問・質問にも的確に答えていただき、安心して指導を受けることができます。

M・K様、アンケートありがとうございます。

アンケートにも書いて頂きましたが、
M・K様は過去にジムでトレーニングをされていました。

ジムで行うトレーニングは
基本的に筋肉を“つける”トレーニングがメインになっていて
多くの方が筋肉を緊張させながら重たい物を上げ下げしています。

しかしゴルフはわずか300gほどのクラブを
リラックスして効率的に振る動きです。

筋肉を緊張させながら力を出す
一般的なウエイトトレーニングでは
根本的に力の出し方が違います。

まずそのことをお伝えさせて頂き、
ゴルフに必要な筋肉を作るためのトレーニングに
取り組んで頂きました。

週1回のパーソナル以外でも
自宅でトレーニングを続けられ、
毎週のように筋肉の質、柔軟性が
変わっていくのが分かりました。

パーソナルを始められて8週目から
実際にスウィング動作の中で
脳のリミッターを外していくトレーニングもしていきました。

毎回ヘッドスピードも測定していくので
どんな動きや感覚、イメージが結果に結びつくかを
M・K様自身でも改善されていかれました。

結果トレーニングをはじめて半年後には
220yd〜230yd → 230〜250(最長)
ヘッドスピードは40m/s前後 → 44m/s〜45m/sまで向上。

久しぶりにラウンドした友人からは
「どしたん?(飛距離が伸びて)」
と驚かれたそうです。

現在もトレーニングを継続され、
さらなる向上を目指されています。

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  2. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498

  3. 2021.09.01

    現状を打破したい方へのお勧めの一冊 497

  4. 2021.08.30

    “日本一”の心に刻まれた“世界一”からの言葉 496

  5. 2021.08.25

    ピッチャーから学ぶ、飛距離アップのトレーニング術 495…