大谷翔平のバッティングから学ぶ、ボールを正確かつ遠くに飛ばす秘訣 588

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

今年もどうぞよろしくお願いします!

 

先日、

所属するティーチングプロのコミニティで、

『タモリステーション』という番組の特集が

話題に上がりました。

 

そこでは、大谷翔平選手が

ホームラン王になった秘密に迫る内容が

紹介されていました。


その中で

ソフトバンクの近藤健介選手がWBC時に

大谷選手にそのバッティングフォームについて

質問したエピソードが取り上げられています。

 

特に、日本ハム時代のステップ打法から

メジャーリーグでのノーステップへの変化が

焦点でした。

 

大谷選手は

「バントに近い形で打つ」

というイメージを持った結果、

ノーステップになったそうです。

 

つまり、

バントのように一番ボールに当たる形から、ホームランを打つ

が 理想だと考え、そうなったということ。


これは、打者や “ゴルファー” にとっても

非常に重要なヒントとなるイメージです。

 

一般的に、打者は遠くに飛ばそうとして

スイングを大きくしすぎる傾向があり、

その結果、不必要な体の動きを生じさせがちです。

 

しかし、

大谷選手のイメージは、ゴルフでいう

5~10ヤードのアプローチショットのようなもの。

 

簡単に言えば、

「チョン」と打つような感覚

で スイングをしています。

 

これにより、

体の無駄な動きが最小限に抑えられ、

効率的な動きで反応しやすくなります。

 

さらに、彼のスイングは、

体の特定の動きに意識を集中させるのではなく、

バットへの意識を中心に据えています。

 

その結果、頭の中は

バッティングのシンプルなイメージに集中し、

飛んでくるボールに対して

柔軟に対応しやすくなります。

 

このアプローチは、

ゴルフでも同様に有効なんですね。

 

もしスイングが分からなくなったら

5~10ヤードの短い距離から打つことを

始めてみてください。


この感覚を保ちながら

徐々に距離を伸ばしていく。

 

頭の中ではアプローチ(チョン打ち)に近い感覚で

スイングをすることになり、

ゴルフがより簡単に感じられるはずです。

 

もちろん、この感覚は

大谷選手が特別だからこそ

できるわけではありません。

 

このスイングイメージは、

すべてのゴルファーにとっての

貴重なヒントとなると思います。

 

そして、最終的には

これぐらいシンプルなスイングイメージで

“ゴルフが簡単”だと感じられるように

してほしいと考えています。

関連記事

  1. プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540

  2. 「引いて引く」を獲得する魔法の言葉 590

  3. スイングを“固める”とはどういうことか??良い固め方と、悪い…

  4. 安定した飛距離アップのコツはインパクト!正しいインパクト習得…

  5. クラブのしなりを引き出す効果的な方法 604

  6. クラブの扱い方を極める者が飛距離を制す 585

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.06.02

    クラブのしなりを引き出す効果的な方法 604

  2. 2024.05.19

    筋トレの動きをスイングに繋げるのは危険?その理由とは 6…

  3. 2024.04.28

    筋肉には体を若返らせるタイムマシンの力がある 602

  4. 2024.04.23

    ゴルフを生涯楽しむために、筋トレによる尿酸値上昇の防止策…

  5. 2024.04.14

    トレーナーが教える、ゴルフ飛距離アップの新常識 600