トレーニング内容


飛距離を伸ばすためにはどうすればいいのか?

答えは簡単です。

飛ばない“原因”を見つけて改善することです。

とても当たり前なことのように聞こえますが
原因を確かめずに無駄なことをしている人は実は多いのです。

例えば、
「ベンチプレスで100kg挙がった」
「スクワットで150kg挙がった」
という人がいます。

しかしその筋肉がそのまま飛距離アップにつながるのかというと答えは “NO” です。

あくまでも
“ベンチプレスで100kg挙げるため”の筋肉
“スクワットで150kg挙げるため”の筋肉
になっただけです。

そうなると、その筋肉がスウィングという動作の中で活かされるのはごくわずかになります。
*むしろマイナスに働くことさえあります。

とてもシンプルですが、この部分の考えが抜けると
「トレーニングをしているのに何で飛距離が伸びないの?」
ということになりかねないのです。

飛距離アップしない原因


では飛ばない原因はどこにあるのか?

それは

柔軟性・効率的な動き・瞬発力

そして

脳のリミッターにあります。

もちろんスウィング技術やクラブによっても飛距離は変わります。

しかし身体を動かす以上、スウィングの土台となる柔軟性・効率的な動き・瞬発力は飛距離を伸ばす上で必要になるのです。

実際に飛ばし屋といわれるトッププロのカラダを観察するとほとんどがこの要素を兼ねそなえています。
それは日々トレーニングを行い、ゴルフのためのフィジカル能力を向上させているからです。

しかし、ただ単に柔軟性・効率的な動き・瞬発力だけを上げればいいというわけではありません。

大事なのはレベルアップしたフィジカル能力をスウィングに最大限活かすことです。

そのためにスウィング中、脳のリミッター(力を出す制限)を外すことが大切になります。
*詳しくはこちら → 飛距離アップの考え方

私は確実に飛距離アップをするために、こういったトレーニングをご案内させて頂きます。

あとはトレーニングメニューを組み、実施⇒結果⇒確認⇒改善をくり返します。
そうすることで飛距離アップという結果をより確実に得ることができるのです。

人の身体は十人十色です。
ゴール設定が同じでもあなたにあったアプローチをしなければ効果は半減してしまいます。
そうならないためにもマンツーマンで行うパーソナルトレーニングは必須です。

現在のあなたのカラダを分析し、
どうすれば飛距離が伸びるかを丁寧に説明させていただきます。

その際にわからないことがあればお気軽にご質問ください。
ご理解し、納得しながらトレーニングすることはトレーニングの質を高めるためにも重要です。

それが効果的に飛距離を伸ばし、
ゴルフパフォーマンスを向上させるためには必要なことなのです。

文章でお伝えできないこと


以上、トレーニングの内容を説明させて頂きました。

しかし上記以外にお伝えできないこともあります。

それは実際に私と会って体験を受けていただいた時に
カラダで感じる感覚です。

文章で説明するよりも実際にカラダを動かして伝わる内容も多いからです。

本や雑誌、SNSに掲載されているゴルフのためのトレーニングは
どれも表面的な内容でしか伝わっていないように感じます。

私はそういった飛距離アップに必要な
本質的なトレーニングをお伝えしたいと思っています。

そして一人でも多くの方がゴルフを生涯現役で楽しんで頂ければ、とてもうれしく思います。

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498