マスターズ初日首位のジョーダン・スピース 33

大阪で活動するゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

2016年マスターズが始まりました。

今回は選手のレベルが拮抗しているのでかなり混戦になりそうです。

 

その中で初日6アンダーでホールアウトしたジョーダン・スピースのスウィングは本当に凄い!

何が凄いのかというと、バックスイングまでの動作にまったく力みがなく楽に動かしている感じです。

よくプロはバックスイングの時に左肘がピンと伸びています。

しかしジョーダン・スピース選手の肘はわずかに余裕がありますよね。

これは本人自身も左肘を伸ばそうという意識がまったくないからです。

そうすると腕に力みが生じず、カラダの中心から効率的にパワーを生み出すことができます。

 

よくバックスイングの時に「左肘はしっかり伸ばす!」と言われたことないですか?

もうその指導方法は古いです。

左肘を意識しすぎることで逆に上半身の柔軟性に余裕がなくなります。

スイングの格好だけに捕われないように、

カラダの構造を理解しながら効率的にカラダを動かすことが大切です。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. ヘッドスピードを上げるために知っておきたい素振りトレーニング…

  2. プロが考える“飛ぶカラダ”とは? 394

  3. 渋野日向子が取り組む飛距離アップトレーニング 504

  4. クラブと一体化するためには 300

  5. ゴルフ飛距離アップのために○○の△△を知る 78

  6. ローリー・マキロイのトレーニング 8

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.02.18

    プロとアマのスイングリズムについて 592

  2. 2024.02.11

    首切りスイングを改善し効率的な“飛び”へ 591

  3. 2024.02.04

    「引いて引く」を獲得する魔法の言葉 590

  4. 2024.01.14

    飛距離アップに必要なパワーを高める、最も効率的なこと 5…

  5. 2024.01.07

    大谷翔平のバッティングから学ぶ、ボールを正確かつ遠くに飛…