ライバルの存在はあなたの〇〇で決まる 125

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

2016全英オープンは20アンダーという好記録をたたき出したヘンリック・ステンソンの優勝で幕がおちました。

2位だったフィル・ミケルソンは17アンダーとこれまた好記録。

3位は6アンダーと最終日はほとんどステンソン選手とミケルソン選手との一騎打ちでした。

まるで他の選手とは異次元のゴルフをしているようで、2人ともゾーンに入ってましたね。

 

こういった試合を観ているとライバルは自分を成長させる上でなによりも大きな存在なんだなと改めて感じました。

 

 

ライバルの存在といえば先日あるニュース番組で

オリンピック銅メダリストの元マラソン選手、有森さんが言っていたことを思い出します。

 

「自分に少しでも不安があるとライバルによって調子が狂うと思いがちになりますけど、本当に(自分が)調子が良ければ自分を高めてくれる大切な存在になる」

 

結局は今の自分の状態に自信が持てるかどうかでライバルの存在は自分を成長させてくれたり、調子を崩したりするということなんですね。

 

そのためにはどのレベルまでいけば自信が持てるのか、そのために何をどのくらいしないといけないのか、そういったことを逆算しながら今の行動を決めていく必要があるということです。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

 

関連記事

  1. 松山英樹の力 258

  2. 苦難・困難・災難は〇〇 292

  3. ラウンド後半で飛距離が落ちないために 11

  4. メジャー優勝へ導いたポポフの思考法 456

  5. ウエストウッド(48歳)の強さの秘密 476

  6. ゴルフとビジネス思考は似ている 52

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498