適切な休息期間 252 

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

筋力トレーニングをおこなったあとは必ず休息をとる必要があります。

これはトレーニングによって破壊された筋肉を回復させなければいけないからです。

 

この破壊→回復⇒破壊をくり返すことで筋肉は強くなります。
*これによって以前よりも筋肉の総量が増えることを超回復といいます。

 

一般的にはトレーニング後48〜72時間休息をとるように進められていますが、結局これもトレーニングの内容、負荷、セット数によって変わり、個人の回復レベルによって変化します。

 

例えば

8割の余力をもってベンチプレスをするのと

MAXギリギリでベンチプレスをするのとでは筋肉の損傷レベルが全然違います。

100本の筋繊維を修復するのと、500本の筋繊維を修復するのとでは回復期間が長くなるのはしかたありませんよね。

個人の家を建てるのと大型ショッピングモールを立てるのとでは建設期間が全然違うのと同じです。

また、建設するスタッフの能力によっても建設期間は変わっていくでしょう。

 

 

あくまでもあなたのカラダがどのくらいの周期で筋肉を修復し以前よりも回復させることができるかを記録し、感じとることが効果を出す上で大切になってきます。

 

休息期間の調べ方

では実際にどのようにして自分のベストな休息期間を知るのか。

それは48、72、96、120時間と休息をとってみて、カラダの調子を感じ取ること、また実際に持ち挙げる重量が上がっていたか、回数が以前よりも多くこなすことができたかを認識することです。

そうすることでおおよその自分の超回復周期がわかるようになります。

 

私であればベンチプレスを10回ギリギリできる重量で5セットおこなった場合、回復期間は96時間とるのがベストだとわかっています。

それくらい休息をとると以前よりも重りが軽く感じたり、回数を多くこなせようになっています。

もちろん、そのときどきの生活習慣やストレスなどの影響で変化することもありますが、大きく的を外すことがないのでとても効率的に筋力を上げることができます。

一定の休息期間で3週間ほど試すと大体の身体の調子はわかってくるので試してみてください。

 

それでは失礼します。

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.06.02

    クラブのしなりを引き出す効果的な方法 604

  2. 2024.05.19

    筋トレの動きをスイングに繋げるのは危険?その理由とは 6…

  3. 2024.04.28

    筋肉には体を若返らせるタイムマシンの力がある 602

  4. 2024.04.23

    ゴルフを生涯楽しむために、筋トレによる尿酸値上昇の防止策…

  5. 2024.04.14

    トレーナーが教える、ゴルフ飛距離アップの新常識 600