プロが当たり前にしていることが一番大事!手の中に焦点を当てた飛距離アップ法 571

こんにちは


ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

ゴルフのためにトレーニングをしているけど

それが実際の飛距離に結びついていない、、

と 感じることはありませんか?

 

実はこれ、

カウンセリングの時によく聞かれる話です。

 

スイングの基本原理を理解することで

この解決策が見えてくるのですが、

身体だけでクラブをコントロールしようとすると

これがなかなか解消されません。

 

その理由は、

クラブのコントロールは身体だけではなく、

手の中の圧力によって大きく影響されるからです。

 

*詳しい説明はこちらをご覧ください↓

 

この手の圧力をマスターすると、

切り返し時にグリップエンドを効果的に引くことができ、

クラブを効率よく加速させることが可能となります。

 

でも なぜ、

グリップエンドを引くことが

飛距離に繋がるのでしょうか?

 

 

これは、インパクト時に

ボールに与えるエネルギーを増加させるためです。

 

PGAツアーの選手たちは

ダウンスイングからインパクトまでの間に、

約70%のエネルギーを”引く動き”に使用し、

残りの約30%はクラブの重心を手の中で安定させる

“調整” のために使っています。

*参考グラフはこちら↓(著書 ゴルフの力学  著者 松本協)

◯トータルワーク:ダウン以降のインパクトまでのエネルギー総量
◯直線運動:グリップエンドを引くエネルギー
◯回転運動:クラブの重心を安定させるエネルギー

 

しかし、アマチュアの場合、

この”引く動き”の割合が減少するので、

力んで思いっきり振っても

クラブの効率的な加速が得られなくなり、

飛距離が伸びていきません。

 

したがって、飛距離を伸ばすためには、

まず手の中でクラブを引く動きを

教育させることが基本となります。

 

これができれば、フィジカル能力を

更に活かすことが可能となります。

 

もちろんアマチュアゴルファーの中にも、

すでにクラブを効率的に引けている方はいます。

 

ただ、私の経験からすれば、

それが最初からできる方はトップの5〜10%ほど。

 

なので

ほとんどのアマチュアゴルファーは、

この”引く動き”をマスターすると、

ヘッドスピードが自然に上がっていきます。

 

そして、その基盤の上で、

切り返し時に“速く引くトレーニング”を行い、

それに必要なフィジカルを強化していくと、

周りが驚く飛距離が得られるようになります。

 

*飛距離アップのためのトレーニングピラミッド↓

 

もし、トレーニングを頑張っているのに

ゴルフのパフォーマンスが向上しないと感じるのなら、

その解決策は手の中にあるかもしれませんね。

 

引く動きを手の中で教育するには

下記の練習が有効なので参考にしてみてください↓

関連記事

  1. 鍛える以前にすること 129

  2. 飛距離アップに必要なものは? 135

  3. ゴルフに筋トレは必須なのか 256

  4. 良いトレーナーの見分け方 407

  5. できているつもりが一番怖い 101

  6. グリップで一番しっかりと握る必要がある指は解剖学的にどれ??…

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.02.21

    飛ばしたい!気持ちが強すぎて、上手くいかない方へ 593…

  2. 2024.02.18

    プロとアマのスイングリズムについて 592

  3. 2024.02.11

    首切りスイングを改善し効率的な“飛び”へ 591

  4. 2024.02.04

    「引いて引く」を獲得する魔法の言葉 590

  5. 2024.01.14

    飛距離アップに必要なパワーを高める、最も効率的なこと 5…