腰痛に悩むゴルファーにしてほしいこと 160

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

ゴルフは長い間できるスポーツとして高齢からジュニアまで幅広くおこなうことができます。

 

しかし、歳を重ねるごとに腰、膝などを痛めたり、

現役バリバリのカラダでさえ、怪我をすることがあります。

 

ゴルフは前傾姿勢が多く、頭を固定してカラダを回転させるスポーツのため、首から腰にかけて大きな負担がかかります。

 

その中でも多いのが腰痛、首の痛み。

 

なぜ腰や首の痛みを引き起こすかというと、

スイングの時に背骨の胸椎といわれる関節の柔軟性が低いことが一つの原因です。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-9-54-01

胸椎の回旋動作が悪いとその上下にある頸椎(首の関節)と腰椎(腰の関節)の関節が必要以上に過剰回旋されて筋肉を痛めてしまいます。

 

結果、腰痛や首の痛みが発症。

 

これを防ぐために胸椎の柔軟性を向上させるアプローチをしていかなくてはいけません。

 

呼吸法やストレッチをする時のポイント

そのためのアプローチとして呼吸法や動的ストレッチを取り入れていくわけですが、ここでポイントとなるのがイメージです。

 

実はあなた自身が

「自分はカラダが硬い」

と思っている(イメージしている)と本当にカラダが硬くなってしまいます。

 

今までストレッチしたことがない筋肉を伸ばすわけなので少し違和感があり、多少は痛い感覚があるかもしれません。

 

ストレッチして効いている感覚はいいのですが、

それによって「自分はカラダが硬い」と暗示にかけてはいけません。

 

逆に呼吸法やストレッチをしている時は狙っている筋肉に意識を向けて

「今、筋肉の緊張がとれてきている」

とイメージすることが大切です。

 

本当に?!

と思うかもしれませんが、イメージ力をバカにしたらいけません。

 

あなたがイメージした通りにカラダは反応します。

 

イメージは脳で作られ、脳は筋肉に支持を出す司令塔です。

 

その司令塔に余計な緊張をさせないでください。

その緊張は必ず筋肉に硬さを生み出します。

 

反対にリラックスをイメージすると筋肉は柔軟になってきます。

 

しつこいですが、イメージ力をバカにしたらいけません。

イメージは実現します。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 筋トレで故障する原因 387

  2. 筋肉がつるのはなぜか 374

  3. 鈴木愛プロが抱えている鵞足炎(がそくえん)について 360

  4. “茹でガエル現象”にならないために 381

  5. ゴルフ肘とは 141

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.04.26

    飛距離アップに結びつくスクワットとは? 479

  2. 2021.04.23

    ターゲット・オリエンテッド精神 478

  3. 2021.04.12

    歴史が動いた瞬間 477

  4. 2021.03.17

    ウエストウッド(48歳)の強さの秘密 476

  5. 2021.03.10

    ゴルフの調子を左右するマインド 475