「力はあるのに飛ばない…」と悩んでいる方へ 535

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

「周りより力はあるはずなのに

 ドライバーが飛ばない…」

 

「力がない人が

 自分より飛ばしているのが

 不思議でならない…」

 

あなたはそんな思いを

したことはありませんか?

 

 

実は私も大学のゴルフ部時代、

自分よりも力がない友人に

飛距離で負けて苦い思いをしていました。

 

当時はスイングにたいする

専門的な知識がなかった訳ですから

ただ単にもっと力を入れたら飛ぶはずだと

考えていました。

 

しかし、

それは大きな間違いだったんですね。

 

スイングの構造上、

力のかけ方が間違っていると

むしろ逆効果になっていたんです。

(それに気がついたのはトレーナーになってからでした…)

 

 

今回はそういった

「力はあるのに飛ばない…」と悩んでいる方

どうすれば効率的に

ヘッドを加速させることができるのかを

解説していきます。

 

「力はあるのに飛ばない…」と悩んでいる方へ

 

 

まずはスイングの構造(原理・原則)から

解説していきます。

 

基本的にスイングは円運動になっていて

振り子の作用でスイングが形成されてます。

 

その中で

グリップ(手首)の部分と

首(第2、3頚椎付近)の部分が

支点となった2つの振り子を利用して

ヘッドを効率的に加速させる動きを

生み出しています。

*ここでいうグリップの部分をクラブ振り子(第1振り子)、首の部分をカラダ振り子(第2振り子)と書きます。

ここで私自身も経験した

飛ばない人の共通点は

クラブ振り子(第1振り子)である手首を固定したまま

スイングをすることです。

 

フェース面を安定させようとしすぎると

本能的に手首を固定させようとしてしまいます。

 

そうすると

クラブ振り子が動かない訳ですから

カラダ振り子(第2振り子)だけでスイングをすることになります。

 

ということは

腕からヘッドまでが

一本の棒のようになる訳ですから

ヘッドは思うように

加速してくれません。

 

こうなると余計に力んで

飛球線方向に手の力が入って

「球がどこにいくかわからない…」

という状態になっていくんですね。

 

 

なのでクラブを効率的に加速させて

最大限の飛距離を手に入れるためには

クラブ振り子の周期を生み出すこと

重要になってきます。

 

そのためには

グリップ内だけで

連続素振りをおこない

正しい振り子の周期の時に

手の中の感覚はどうなっているのかを感じ取ること

が大切です。

 

この時に

振り子の周期が崩れた時の感覚も

感じてみてください。

 

そうすると、いい時と悪い時の

グリップ内の感覚の違いも分かります。

 

実際に

どの時点(タイミング)で

どの指が

どのくらいの力感で使われるか

がイメージしやすくなります。

 

それが出来てくると

球を打つときの手の感覚が良くなり

ヘッドも加速するようになります。

 

 

ここで

「じゃあカラダ振り子はどうやって動かせばいいの?」

という疑問が湧くと思います。

 

でも安心してください。

クラブ振り子がスムーズに動き出すと

それにつられてカラダ振り子も

勝手に動くようになります。

 

カラダ振り子が勝手に動くということは

カラダ全体がクラブ振り子につられて

勝手に動くということです。

 

そうするとスイング中に

「腰をしっかり回さないと…」

「タメを作らないと…」

「地面を蹴らないと…」

と考える必要がなくなる訳です。

 

なので最近 流行っていた

GGスイングのシャローイングも

無理にクラブを倒すのでなく

勝手に倒れるということです。

 

ちなみにプロでも

このクラブ振り子の周期が崩れるような

力のかけ方をしていると

急に調子が悪くなります。

 

それぐらい このクラブ振り子は

上級者や飛びを求める人にとっても

最重要ポイントになる訳です。

 

 

もしあなたが

・力があるはずなのに…

・最新スイングを取り入れてるはずなのに…

飛ばない、球がどこにいくかわからない

と悩んでいるとすれば

クラブ振り子の周期を崩すような

手の力のかけ方をしているのかもしれません。

 

もちろんそれも出来て

トレーニングもすれば

飛距離もより伸びてきますからね。

 

 

あと最後に

クラブ振り子の連続素振りの

やり方を解説している

お勧め動画も添付しておきます。

 

やればやるほど

手の感覚は良くなるので

できれば毎日、数分でいいので

やってみてください。

 

【お勧め動画はこちら】
     ↓

 

こちらの動画↓では第一振り子を首、第二振り子を手首で解説しています。
アナウンサーの方なので説明がめちゃくちゃ分かりやすいです。

 

こちらの動画では連続素振りの際の“引く動作の重要性”について説明してくれてます↓

関連記事

  1. スムーズなテイクバックを実現するための考え方 569

  2. 軽く振っているように見えてドライバーが飛ぶ人の秘密 545

  3. 「手を使うな」は誤解だった⁉︎ スイングの真髄…

  4. 大谷翔平のバッティングから学ぶ、ボールを正確かつ遠くに飛ばす…

  5. 「引いて引く」を獲得するためのステップバイステップガイド 5…

  6. “沈み込み”の真実!ゴルフスイングで…

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.05.19

    筋トレの動きをスイングに繋げるのは危険?その理由とは 6…

  2. 2024.04.28

    筋肉には体を若返らせるタイムマシンの力がある 602

  3. 2024.04.23

    ゴルフを生涯楽しむために、筋トレによる尿酸値上昇の防止策…

  4. 2024.04.14

    トレーナーが教える、ゴルフ飛距離アップの新常識 600

  5. 2024.04.07

    ゴルフ界の伝説、宮本留吉から学ぶグリップから人生哲学まで…