安定する下半身と不安定な下半身の違い 121

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

陸上でおこなうスポーツ全般に言えることですが、

下半身を安定させることが競技力向上には不可欠になります。

 

もちろんゴルフの飛距離アップを促す上で安定する下半身を作ることも例外ではありません。

 

 

では実際に“安定する下半身”と“不安定な下半身”との違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

まず単純に下半身の筋力があるということです。

全く筋力がないのとあるのとでは全然違います。

 

しかしそれ以上に重要なことがあります。

 

 

それは“足裏の重心の乗せ方”です。

 

「え?乗せ方??」

 

と思った方もいると思いますが、

この重心を変えるだけで下半身の安定感は全然違います。

 

 

では安定する下半身と不安定な下半身の足裏の重心の違いはというと、

 

内踝(うちくるぶし)の真下に重心が乗っているかどうかです。

 

実際にここは土踏まずと踵(かかと)の境目になるので地面にはギリギリつかない部分です。

 

しかしその部分に重心を乗せる意識をしてもらうと足裏が満遍なくフラットに地面に吸い付く感覚が出てきます。

そうなるとアドレス時にお尻を後方に突き出す形となり股関節が安定します。

 

股関節が安定するということは下半身も安定することに繋がりますので、スイング時でもブレない下半身を作ることが出来ます。

 

テレビや雑誌などでプロゴルファーのアドレスを観てください。

ほとんどのプロがお尻をしっかり突き出す安定したアドレスになっています。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

  

小岡 洋天

 

関連記事

  1. 地面を押すトレーニングでは〇〇の向きが重要 400

  2. 筋トレは“追い込む”ことだと決めつけないで!飛距離アップトレ…

  3. “精密” “正確”を作り出す動きとは 411

  4. “正しいスクワット”をおこなうための3つのポイント 367

  5. 身体の感覚は十人十色 364

  6. スキーに隠された飛距離アップの秘密 236

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498