飛距離と方向性の両立 498

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

飛距離アップを目指して

ヘッドスピードを上げたけど

ボールに当たらなくなった…

という方は多いのではないでしょうか?

 

実は私もその経験があって、

頑張ってトレーニングをしたり

飛距離アップのレッスンを受けて

ヘッドスピードは上がったけど

ボールがどこに行くか分からない

ということがあったんですね。

 

実はこれ、

クラブをコントロールする動きを理解しておらず

ただ下半身や体幹だけを強化したり

ヘッドスピードばかりを追い求めた結果なんです。

 

要はクラブを思い通りに操作できるまで

落とし込めてなかったのです。

 

これでは一発狙いの飛距離は出せても

安定したショットを

生み出すことができませんよね。

 

 

では そうすれば

クラブを思い通りに

操作することができるのか?

 

それにはまず

クラブを引っ張る動きを覚えることが

大切になります。

*詳しくはこちら→ゴルフスウィングの本質

 

そして

引っ張る動きを習得するために

片手一本でクラブを持って

球を打つことが有効になります。
(最初は左手から)

 

しかし

多くのゴルファーにとって

片手で球を打つのはなかなか難しく

球に当てられるようになる前に

挫折することがあります。

 

そこで私が最初にお勧めするのが

片手でテニスラケットを持って

素振りをすることです。
(出来れば球を打ちながら)

 

そうすると

スムーズに片手だけで振る感覚

フェースをコントロールする感覚

を覚えることができます。

 

このときに気をつけて頂きたいのが

手だけで振ろうとせず、

下半身と体幹を使って

ラケットを振ることです。

 

そうすると

手打ちの癖も改善されて

体幹や下半身で振る感覚も覚えられます。

 

これをできるだけ毎日することで

いきなりゴルフクラブで片手打ちするよりも

効率的にクラブを引く動きを習得することができます。

 

 

もしあなたが

いくらヘッドスピードを高めても

球をコントロールできないと悩んでいるのなら

こういったクラブを引っ張るトレーニングをすると

クラブの操作性が高まって

方向性が良くなるかもしれません。

 

試してみてください。

 

 

それでは失礼します。

関連記事

  1. 大きなパワーを生み出す 139

  2. 安定する下半身と不安定な下半身の違い 121

  3. インパクトの時に肩が下がってしまう 7

  4. 「手打ちになっている」と いつも言われている方へ 470

  5. 400ヤードの時代 318

  6. 筋肉をつけるだけでは飛距離は伸びない 123

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  2. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498

  3. 2021.09.01

    現状を打破したい方へのお勧めの一冊 497

  4. 2021.08.30

    “日本一”の心に刻まれた“世界一”からの言葉 496

  5. 2021.08.25

    ピッチャーから学ぶ、飛距離アップのトレーニング術 495…