筋トレの動きをスイングに繋げるのは危険?その理由とは 603

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

最近ゴルファーの方々が

どんなトレーニングに興味があるのか気になり、

インスタグラムでリサーチをしてみました。

 

すると、

ゴルフスイングの動きになぞったトレーニング

非常に多いことに気がつきました。

 

特に

左脚で地面を蹴る動きに関連する

トレーニングが一番人気のようです。

 

例えば、

こんなトレーニング動画を見かけました↓

https://www.instagram.com/reel/C6qeVGRvGUa/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==

https://www.instagram.com/reel/C6yK8bXrSBp/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==


このようなトレーニングは一見すると

スイングの動きに合っているし、

マキロイのような動きにも似ているので

いかにも効果があるように思います。

 

でも、ここで一つ重要な注意点があるんですね。

 

それは実際に球を打つときに

トレーニングでの動きを思い出して

スイングに繋げようとしないこと

 

これはなぜかと言うと

こういったトレーニングを行うときの思考は

「股関節をこう動かそう、、」

「地面を垂直に押そう、、」

「体幹をこう動かそう、、」

といった体の動きに注目しがちです。

 

しかし、ゴルフとは

球をコントロールするために

クラブをコントロールするスポーツ

 

クラブをコントロールしないといけない以上、

一番意識しないといけないのは原則として

“クラブの動き” になります。

 

しかし、球を打つ時に

「股関節をこう動かそう、、」

「体幹をこう動かそう、、」

と考えすぎると、

クラブの動きに集中できなくなってしまいます。

 

その結果として

クラブの振り子運動のバランスが崩れて

スイングがうまくいかなくなるんですね。

 

そういった頭の中はこんな状態かもしれません↓

なので

スイングの動きに沿ったトレーニングをしていても、

実際に球を打つ時は

打ちたい球をイメージし、

そのためのクラブの動きを意識すること

が大切です。

 

ここでそんなことをしたら

せっかくのトレーニングが

活かされないんじゃないか!

と思われるかもしれません。

 

しかし安心してください。

 

クラブの動きが良くなると

体の動きも自然と良くなります。

 

これは「補いの法則」と呼ばれるもので、

クラブの遠心力によって

体が自動的にバランスを取るからです。

 

これはシーソーのようなもので、

片方が上に行くと

もう片方は下に行くのと同じです。

 

その結果

沈み込みや左脚リード、前傾キープが

適切に行われるようになるんですね。

 

まとめ

 

つまり、

体の動きが良くなるから

クラブの動きが良くなる

のでなく、

クラブの動きが良くなるから

体の動きも良くなる

のです。

 

これを原則として理解すれば、

筋トレしてた動きを球を打つときに

意識しない方が良いことが分かるでしょう。

 

もしあなたがトレーニングの動きを

球を打つときに意識しているのなら、

クラブの動きに集中 することで、

そのトレーニングはより

効果的に活かされると思います。

 

ゴルフは心とクラブとの対話、

そして、体との調和が大切なんですね。

関連記事

  1. スイングの「大事なこと」と「そうでもないこと」の見極め方 5…

  2. 「プロだからできるんだよなぁ、、」595

  3. ゴルフ力学の全て:飛距離と精度両立の秘訣 582

  4. スイングの原理原則を考える 574

  5. 安定感が高まるアドレスとは:プロのアドレスが綺麗な理由 57…

  6. プロとアマのスイングリズムについて 592

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.06.02

    クラブのしなりを引き出す効果的な方法 604

  2. 2024.05.19

    筋トレの動きをスイングに繋げるのは危険?その理由とは 6…

  3. 2024.04.28

    筋肉には体を若返らせるタイムマシンの力がある 602

  4. 2024.04.23

    ゴルフを生涯楽しむために、筋トレによる尿酸値上昇の防止策…

  5. 2024.04.14

    トレーナーが教える、ゴルフ飛距離アップの新常識 600