鍛える以前にすること 129

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

よく本や雑誌などに「飛距離アップするには〇〇筋を鍛える」と書かれていることがあります。

 

それが腹斜筋(体幹)であったり大臀筋(お尻)であったり。

 

私もその部分の筋肉を鍛えることは大賛成です。

 

しかしそれは実際のスイング動作で本当にその筋肉を“使えているか”が一番大事です。

 

いくらお尻の筋肉を鍛えて、いくら体幹の筋肉を鍛えたとことでその筋肉がスイング中、機能的に使われていなければ、それはただ鍛えただけのカラダです。

 

ちょっとお尻がしまって、ちょっとウエストが締まるだけ。

(ボディメイクが目的だとこれだけでいいのですが)

 

目的はあなたが求めている飛距離を獲得することです。

 

ただ筋トレをすることだけに満足していたらいけません。

 

いかに鍛えた筋肉をスイング動作に落とし込むのか、

そこまで考えて筋トレをしなければいけません。

 

もちろん、ときにはやみくもに筋肉を追い込んで筋力の底上げをすることも大切です。

 

しかしそれはゴルフで飛距離を出すための“機能的なカラダ”になっていることが大前提です。

 

そこの土台を作った上でいかに筋力を上げるか。

 

そういったロジックを理解し、トレーニングをするとカラダの動きの効率性は飛躍的にアップします。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. ゴルフ飛距離アップのための筋力 154

  2. セキユウティンプロの飛距離アップした要因 534

  3. “心技体”よりも“体技心” 216

  4. ゴルフの魅力 66

  5. ゴルフパフォーマンスに繋がる筋トレ 49

  6. スイングの時に腰の回転をスムーズにするためには 113

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2023.01.22

    もうゴルフをやめようかと思っても、諦めきれない方へ 55…

  2. 2023.01.13

    安定した飛距離アップのコツはインパクト!正しいインパクト…

  3. 2023.01.06

    加齢による体力低下に歯止めをかけ、今年こそ飛躍したい方へ…

  4. 2022.12.30

    2022年を振り返って 547

  5. 2022.12.17

    【2022年版】男子ツアーのデータから見えてきたトッププ…