鍛える以前にすること 129

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

よく本や雑誌などに「飛距離アップするには〇〇筋を鍛える」と書かれていることがあります。

 

それが腹斜筋(体幹)であったり大臀筋(お尻)であったり。

 

私もその部分の筋肉を鍛えることは大賛成です。

 

しかしそれは実際のスイング動作で本当にその筋肉を“使えているか”が一番大事です。

 

いくらお尻の筋肉を鍛えて、いくら体幹の筋肉を鍛えたとことでその筋肉がスイング中、機能的に使われていなければ、それはただ鍛えただけのカラダです。

 

ちょっとお尻がしまって、ちょっとウエストが締まるだけ。

(ボディメイクが目的だとこれだけでいいのですが)

 

目的はあなたが求めている飛距離を獲得することです。

 

ただ筋トレをすることだけに満足していたらいけません。

 

いかに鍛えた筋肉をスイング動作に落とし込むのか、

そこまで考えて筋トレをしなければいけません。

 

もちろん、ときにはやみくもに筋肉を追い込んで筋力の底上げをすることも大切です。

 

しかしそれはゴルフで飛距離を出すための“機能的なカラダ”になっていることが大前提です。

 

そこの土台を作った上でいかに筋力を上げるか。

 

そういったロジックを理解し、トレーニングをするとカラダの動きの効率性は飛躍的にアップします。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 筋肉をつけるよりも大切なこと 289

  2. モチベーションを上げるよりも大事なこと 311

  3. 動きの本質 40

  4. ライバルと差をつけるマインド 448

  5. 筋肉の質を高めることが〇〇の質も高める 425

  6. ランニングはゴルフ飛距離を向上させる② 156

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498