ゴルフのオーバースイングが悪いわけではありません 45

大阪で活動するゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

オーバースイングになるとトップの位置が高すぎてスイングが崩れてしまうことがあります。

 

よく指導者は

「オーバースイングになりすぎている」

とアドバイスをしてくれますが、

それは見た目や形にとらわれていることがあるのではないでしょうか。

 

というのも見た目ではオーバースイングになっていても

そこに力みやカラダの軸がしっかりと出来ていればヘッドも加速して

ボールも芯に当たるようになります。

ですので大事なことは見た目や形だけで判断するのではなく

そこには軸や力みがないかをチェックすること。

 

そして力みがあれば立ち方、重心の取り方、柔軟性に問題があることが多いのです。

 

これはアドレスやスイングフォーム以前の問題で、

楽にバランスよく立つことが出来ないのにスイングで軸のある動きはできません。

 

悪い立ち方、重心の取り方のままスイングを覚えてしまうと

飛距離が伸びないだけでなく、怪我も生じやすくなります。

 

まずはそういった力みのない柔軟なカラダ、

そしてブレない軸を獲得して筋力を底上げしていくことが

ゴルフ飛距離アップにとって大切になってきます。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 私の仕事 196

  2. トレーニングを行う意図を理解することが大切 102

  3. 新たなタイガースタイル 308

  4. 日大アメフト選手の記者会見で感じたこと 358

  5. 勉強会を終えて 276

  6. 肩の回転スピードはどうやって生まれる? 180

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.04.26

    飛距離アップに結びつくスクワットとは? 479

  2. 2021.04.23

    ターゲット・オリエンテッド精神 478

  3. 2021.04.12

    歴史が動いた瞬間 477

  4. 2021.03.17

    ウエストウッド(48歳)の強さの秘密 476

  5. 2021.03.10

    ゴルフの調子を左右するマインド 475