スムーズなテイクバックを実現するための考え方 569

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

先日はお盆休みをいただき、

愛媛の松山に帰省してきました。

 

いつもは飛行機やバスで

直接帰省しているのですが、

今回は新しいルート、

和歌山→徳島までフェーリーで移動し、

徳島市で一泊した後、バスで松山に帰りました。

 

徳島には初めて行きましたが、

ちょうど阿波踊りの時期で

本場の阿波踊りを観ることができました。

 

動きはシンプルながらも

洗練された踊りは心を打たれましたね。

 

よく「美はシンプルの中に宿る」と言われますが

その意味が少し分かったような気がします。

 

 

さてそんなことを考えながら

最近テイクバックで悩んでいる方が多いため

今回は私なりの考え方を解説してきたいと思います。

 

スムーズなテイクバックを実現するための考え方

 

まず重要なのは

アドレス時のクラブの慣性を理解すること

 

実はアドレスの時点で

クラブには慣性(遠心力)が働いており、

それに伴って、手の中では

引っ張る力(求心力)が働いています。

手の中では直接感じることが難しいですが

このエネルギーをうまく利用することで、

スムーズなテイクバックが可能となります。

 

したがって、

「発生しているこの慣性のベクトルを

利用しながらテイクバックするためには?」

という問いを持ってテイクバックをしてみて下さい。

 

そうするとあなたのカラダは

本能的にスムーズなテイクバックを

してくれるかもしれません。

*まずは本能に任せてみることがお勧めです

 

慣性をアドレスの時に意識するだけで、

テイクバックの動きは変わる可能性があります。

 

目では見えないものを理解し、活用する。

これがテイクバックの秘訣です。

 

今回の知識があなたの悩みを

少しでも軽減する手助けとなれば幸いです。

関連記事

  1. “カラダの割に飛ばない”を克服するためのスイングの秘訣 56…

  2. 綺麗なフォームには意味がある!プロのスイングの秘密 532

  3. 大谷翔平のバッティングから学ぶ、ボールを正確かつ遠くに飛ばす…

  4. ハンドファーストの真実 539

  5. プロのテイクバックの速さの秘密 517

  6. “沈み込み”の真実!ゴルフスイングで…

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.02.18

    プロとアマのスイングリズムについて 592

  2. 2024.02.11

    首切りスイングを改善し効率的な“飛び”へ 591

  3. 2024.02.04

    「引いて引く」を獲得する魔法の言葉 590

  4. 2024.01.14

    飛距離アップに必要なパワーを高める、最も効率的なこと 5…

  5. 2024.01.07

    大谷翔平のバッティングから学ぶ、ボールを正確かつ遠くに飛…