“沈み込み”の真実!ゴルフスイングで本当に必要なこと 578

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

多くのゴルファーが憧れる「沈み込み」

 

しかし、この沈み込みは本当に

あなたにとって必要なのでしょうか?

 

今回は

この沈み込みを作る風潮の是非について、

私なりの考えを書いていきます。

 

“沈み込み”の真実!ゴルフスイングで本当に必要なこと

 

「沈み込み」は、

特にマキロイのスイングを見ていると、

自然と真似をしたくなる

動作の一つかもしれません。

 

しかし、

この「沈み込み」を意識的に作ることが

すべてのアマチュアゴルファーにとって

最適な方法であるとは限りません。

 

なぜなら、

そもそもマキロイ自身が

この沈み込みを意識的に作り出しておらず、

飛距離を伸ばそうとして

目一杯振ろうとした結果、

“勝手にこの沈み込みが起こった”

というのが実情だからです↓





沈み込みは、一見すると

パワーを増強させる

要素のように感じられますが、

 

実際には切り返しから

クラブの振り子運動を手の中で崩さないように、

グリップエンドを爆発的に

引っ張り続けた結果として現れるもの です。

 

つまり、沈み込みは目的ではなく、

結果として現れる動作なのです。

 

アマチュアゴルファーが陥る「沈み込み」の罠

 

アマチュアゴルファーが

クラブの振り子運動を無視して、

沈み込みの形ばかりを意識して

スイングを作ろうとすると、

不要な下半身の動きが増えて、

バランスを崩してしまう可能性が高まります。

 

“目的” が沈み込むことになってしまい、

結果はぎこちない動きを作り、

スイングを崩してしまう結果になるんですね。

 

本当に大切なのは、

クラブの振り子運動を崩さない

手の中の感覚を掴むこと

 

そうすることで、

カラダは自然と

個々のプレイヤーに適したスイングを

作り上げてくれます。


結局スイングは、

カラダの動きでなく

クラブの動きによって作られる


ということです。

 

沈み込みがもたらすパワーは魅力的ですが、

それを意識的な動作として取り入れることが

全てのゴルファーにとって

最良な方法ではありません。

 

特にアマチュアが力を入れるべきは、

正しいクラブの動きと、

それをサポートする体の動きを理解し、

実践することです。

 

まずは

スイングの原理原則から

メカニズムをしっかりと身につけ、

自身のスイングを

ブラッシュアップしていきましょう。

 

真のスキルは、

単なる形を真似るのではなく、

その形が生まれる原理・原則を理解し

実施することで身につきます。

関連記事

  1. 軽く振っているように見えてドライバーが飛ぶ人の秘密 545

  2. ショット力向上の鍵、エクスターナルフォーカスの力 559

  3. 腕がカラダの正面から外れて飛ばない方へ 566

  4. プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540

  5. スイングを“固める”とはどういうことか??良い固め方と、悪い…

  6. ハンドファーストの真実 539

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.06.02

    クラブのしなりを引き出す効果的な方法 604

  2. 2024.05.19

    筋トレの動きをスイングに繋げるのは危険?その理由とは 6…

  3. 2024.04.28

    筋肉には体を若返らせるタイムマシンの力がある 602

  4. 2024.04.23

    ゴルフを生涯楽しむために、筋トレによる尿酸値上昇の防止策…

  5. 2024.04.14

    トレーナーが教える、ゴルフ飛距離アップの新常識 600