ゴルファーにとって自然体が最強のアドレス 26

大阪で活動するゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

ゴルフスイングのインパクト時にボールに向かって上半身が前傾してしまう動きを「突っ込み」と表現しています。

この突っ込みをしてしまうとダフってしまう確率が高くなり、ボールを芯に当てることが難しくなります。

 

これはボールを強く打つことを意識しすぎた“力み”が原因だと考えられるのが一般的です。

 

たしかにメンタル部分が大きく左右されていますが、もっと根本的な部分でアドレスの構え、スイングの動きが不自然になっていることも原因にあります。

 

不自然ということはカラダのどこかに違和感があるということ。

この違和感を取り除くためにはカラダの力みを一度リセットする必要があります。

 

力みは姿勢に現れます。

 

一見正しい姿勢に見えていてもそこに“力み”が隠れていることが多いのです。

そうすると必ず動きに“硬さ”が現れて、ヘッドスピードが加速せず結果的に飛距離が伸びません。

 

そうならないために力みがなく自然体で立ってアドレスをすることが重要です。

 

この部分が欠けてしまうといくらパワーを高めてもすぐに停滞してしまいます。

人間、心もカラダも自然体が一番その人の能力を最大限に発揮してくれます。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. カラダの調子が悪いときのトレーニング 305

  2. ゴルフによる筋出力「力の出し方」 87

  3. スイングで最も重要なこと 282

  4. 渋野日向子が取り組む飛距離アップトレーニング 504

  5. 37兆2000億個 293

  6. ゴルフの練習と筋トレの共通点 223

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.11.30

    【2022年版】女子ツアーのデータから見えてきた今後プロ…

  2. 2022.11.20

    感動しました 543

  3. 2022.11.15

    50歳を超えたフィル・ミケルソン、なぜ飛距離が落ちないの…

  4. 2022.11.08

    蝉川プロが練習前にしていた意外な行動 541

  5. 2022.10.30

    プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540