体幹は鍛えるのではありません 82

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

先日インターネット上の動画で

「プロはスイング中、どこの筋肉を最も使っているか」

という実験映像がありました。

(もちろんこの実験の信憑性は高いと思います)

 

すると体幹部分の筋肉が一番多く使われているとの結果です。

アマチュアは体幹部分よりも腕の筋肉に頼ってスイングをしています。

 

プロは腕の筋肉を極力脱力し、

体幹の力でスイングをしています。

 

先日の記事でも書きましたが、

まさに“でんでん太鼓”そのものですね。

 

撥についているひもは腕、

回転している中心部分が体幹になるわけです。

 

すると無駄なく身体が回転するので

ヘッドが加速して飛距離が伸びます。

 

しかし

だからといって体幹を鍛えたらいいと言うわけではありません。

 

大事なことは体幹が使われるようにスイングすることであって、

体幹が弱いから使えていないということではありません。

 

いかに体幹の筋肉が使われやすいようにトレーニングを行っていくか。

 

そこが重要になります。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. スウィングの時に丹田に力を込めることは良いことなのか? 41…

  2. バックスウィング前の理想的なカラダの状態 38

  3. シャローにするための左手の動き 410

  4. キレのある動きとは 234

  5. “効かせる”トレーニングはダメ! 290

  6. イメージ力で飛距離を伸ばせ! 432

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.04.26

    飛距離アップに結びつくスクワットとは? 479

  2. 2021.04.23

    ターゲット・オリエンテッド精神 478

  3. 2021.04.12

    歴史が動いた瞬間 477

  4. 2021.03.17

    ウエストウッド(48歳)の強さの秘密 476

  5. 2021.03.10

    ゴルフの調子を左右するマインド 475