ゴルフで飛ばなくなるとある現象がカラダにおこる 6

関西・大阪で唯一ゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナー 小岡 洋天 です。

 

 

飛ばなくなるとある現象がカラダに起こるとは?

 

それは手のひらを見ればわかります。

 

そう、ボールが飛んでいるときは手の平にマメができます。

これはカラダの中心から効率良く連動させてスイングをしている証拠です。

 

逆に手打ちになっている人は指先にマメができたり潰れたりします。

効率的にスイングができていないため手でヘッドスピードを上げようと無意識にカラダが動いているのです。

 

じゃあどうすればカラダの中心からスイングができるのかというと、

バックスイングの時に手から動かすのではなく体幹(上半身の回旋)、もしくは股関節からおこなうとカラダの中心から力が発揮されやすくなります。

 

これを行うためにパーソナルトレーニングではできるかぎり手先や手首の部分はリラックスしてダンベルなどの筋力トレーニングを行っていきます。

 

あくまでも楽にカラダを効率的に動かすことを前提として、筋力を上げていきます。

 

そうするとゴルフのパフォーマンスに結びついやすくなります。

 

筋力トレーニングを行うのが目的にならないように、あくまでもゴルフの飛距離アップすることにフォーカスすること。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

小岡 洋天

 

 

 

関連記事

  1. “常識”から抜け出し、肉体に改革をおこせ! 320

  2. 横峯さくらプロ、上原彩子プロが飛距離を伸ばした要因 390

  3. ゴルフの振り抜き 12

  4. “体幹=インナーマッスル”ではない! 220

  5. 体幹だけでは飛距離は伸びません 182

  6. プロが考える“飛ぶカラダ”とは? 394

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498