目標達成は◯◯が全て! 516

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

今年も1ヶ月半が過ぎました。

 

新年の目標を立てた方、

現在どれくらい進んでいますか?

 

 

順調に進んでいる方、

少し遅れている方、

はたまた

目標さえ忘れた方も

いるかもしれませんね(笑)

 

 

ちなみに2007年に

イギリスで行われたある研究では、

元旦に目標をたてた3000人対象に

追跡調査をしています。

 

すると52%の人達が

「目標を達成できる!」

と 自信を持っていたにも関わらず、

目標を達成することができたのは

わずか12%の人達でした。

 

2008年の目標と2009年の目標を

比較した別の研究では、

60%の目標が繰り返されていて

半数以上の人が

連年と同じ目標をたてて

挫折しているという結果でした。

 

 

さてあなたはこれを聞いて

どう思いますか?

 

 

小さい頃から

学校の先生や親に目標をたてるように

言われてきた方は多いと思います。

 

しかし実際の達成率は

全体の1割ほど。


達成できなかった人たちの半数以上が

翌年に同じ目標を立てて

同じ挫折を味わっているという現実。

 

私はこの原因の一つが

自分を正しく

モチベートできていないからだと

考えています。

 

 

人は目標を決めたときが

一番ワクワクして

やる気に満ち溢れてますよね。

 

しかし

挑戦していく中で

うまくいかなくなると

モチベーションが

下がりやすくなります。

 

私はこの“うまくいかない時”が

重要だと考えていて、

 

この時に

現状を“失敗”と捉えるのか

“学び” と捉えるかで

モチベーションは

大きく変わります。

 

 

例えば、

私は過去に一年間の目標を

ドライバー飛距離

“300ヤード更新”

と 設定しました。

 

このとき、

トレーニングの最後に必ず

全力で6球フルスイングして、

ヘッドスピードの測定を行いますが、

なかなか記録が伸びない時や

少し下がる時期もありました。

 

しかし、

私のモチベーションは

下がらなかったんですね。

 

うまくいかない時でも

うまくいく時でも

結果以外の“ところ”
自分でコントロールできる“ところ”で

進歩を感じられるように

意図して自分を

モチベートしていたからです。

 

そうすると

「これ以上トレーニングや練習をしてもダメだな…」

というのがなくなるんですね。

 

 

ポイントは

練習やトレーニングの後に

どんな進歩(学び)をし、それが自分のゴルフにどんな影響を与えたか?

今回、もう一度やり直せるなら自分は何を気をつけるだろうか?

次回、ゴルフの飛躍に自分が一つできることは何か?

『あるべき最高の自分』とは?

を紙に書くこと。

 

こうやって

矢印を自分に向ける時間を

15〜20分作るようにしましょう。

 

間違っても

失敗と捉えてしまうような書き方には

気をつけてください。

 

あくまでも自信をつけて

モチベーションを高めて

自分自身に

良いイメージを持つこと”

が目的ですからね。

 

目標達成は

イメージが全て!

 

人は頭の中で

2回、目標を達成します。

 

 

それでは失礼します。

関連記事

  1. 松山英樹の力 258

  2. 短期的視点と長期的視点 398

  3. 本物のプライド 323

  4. ジャスティン・ローズ流の考え 279

  5. トレーニングを継続するための秘訣 368

  6. スポーツによる色の効果 270

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.10.03

    『道』について 537

  2. 2022.09.26

    訂正したいことがあります 536

  3. 2022.09.17

    「力はあるのに飛ばない…」と悩んでいる方へ 535

  4. 2022.09.09

    セキユウティンプロの飛距離アップした要因 534

  5. 2022.08.31

    河本力プロの飛びの秘密 533