飛距離アップに必要なものは? 135

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

最大飛距離を生み出す上で基本となる要素が3つあります。

 

それは

①ヘッドスピード

②ミート率

③スピン量

です。

 

これがどのように飛距離と関係するかは多くのゴルフ本などに書かれていますので今回は省きます。

結局はこの3つの要素を上げていくことによって、

ボールの初速が上がり、適正な弾道が実現します。

 

ということはいかに安定してパワーを効率的にボールに伝えることが出来るかが重要です。

これを考えていくにはまずボールに伝わるパワーがどの順番で発生しているかを考える必要があります。

 

まずボールに伝わるパワーの逆算です。

ボール→クラブ→手→腕→肩→体幹→脚

これを見ていくとパワーの土台が脚にあることが分かります。

 

そうするとカラダを効率的に動かしているゴルファーは

脚→体幹→肩→腕→手→クラブ→ボール

の順番でパワー伝達ができています。

 

よく手打ちといわれるのは先に手と腕に力が入る動作です。

 

どのゴルフ本にもテイクバックの時に手と腕を先に動かさず、力を入れないことを強調しているのはそのためです。

 

あとはその順番通りにカラダを動かせればいいのですが、

それがなかなか出来ないから皆さん困っているんですよね。

 

いかに正しいスイングを身につけようとしても

下半身が安定しなかったり、柔軟性がなく上半身をスムーズに捻ることができなければ、ほとんどの方が手打ちになってしまって飛距離が伸びなくなります。

 

クラブを変えたり、スイング技術を高めていくことも大切ですが、ボールを遠くに飛ばす源はあなたのカラダです。

 

本当にゴルフに必要な柔軟性、バランス、筋力が備わっていますか?

 

備わっていなければいくらスイング技術を磨いたり、高性能なクラブに買い替えても思ったような結果が出ません。

 

本当に必要なものは鍛え上げたあなたのカラダではないでしょうか。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 筋肉の質を高めることが〇〇の質も高める 425

  2. ゴルフに必要な柔軟性と〇〇力 184

  3. 飛距離アップに成功した人の共通点 136

  4. 下半身の筋肉は衰えやすい 95

  5. 筋トレの罠 219

  6. 捻転を意識しているけど上手くいかないあなたへ 487

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.11.30

    【2022年版】女子ツアーのデータから見えてきた今後プロ…

  2. 2022.11.20

    感動しました 543

  3. 2022.11.15

    50歳を超えたフィル・ミケルソン、なぜ飛距離が落ちないの…

  4. 2022.11.08

    蝉川プロが練習前にしていた意外な行動 541

  5. 2022.10.30

    プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540