5年ぶりの復活優勝を観て感じたこと 451

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

国内女子ツアー開幕戦

アース・モンダミンカップ。

 

渡邊彩香 選手が

昨年の賞金女王とのプレーオフを制して

5年振りの優勝を遂げました。

 

昨年は32試合中、13回の予選落ち。


そしてそこからのカムバックで

見事な逆転優勝。



本当に、感動しましたね…

 

  

ひさしぶりの国内ツアーということもあって

皆さんも注目していたと思いますが、

やっぱりプロのゴルフは面白い。

 

ショットの技術もさることながら

選手一人一人の

心理的背景も想像してしまうので

どこか自分と似ている選手を

応援してしまいます。

 

 

さて、感動が覚めないうちに

渡邊 選手の復活要因を調べてみました。

 

 

どうも今季は

ずっとトライしてきたドローボールを捨てて

元々の持ち球であるフェードに絞って

改善をしてきたみたいです。

*こちらの記事を参照→https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17373096

 

 

これを聞くと 昔

『奇跡のレッスン』という番組に出演していた

タイガー・ウッズの最初のコーチ、

ルディ・デュランさんの “言葉” を思い出します。

 

 

それはゴルフの技術について

質問をしてきた生徒(マイ)との

会話の中での “言葉” です。

 

生徒(マイ)
「 低いフェードと高いドローの打ち方はどうやってやるんですか? 私打てないんですけど… 」

ルディ
「 そんなの必要かい? 得意なのは? 」

生徒(マイ)
「 得意なのは、低いドローです 」

ルディ
「 それを最大限活かせばいい! 
マイが自信のあるショットを信じて打てばいいんだ! 」

 

欠点を補うよりも得意なことを伸ばす。



そのほうが結果が良くなることを

ルディさんは分かっていたのかもしれませんね。

  

 

それでは失礼します。

関連記事

  1. 飛距離と〇〇は同時に手に入る 215

  2. “負け”との向き合い方 315

  3. 正しい現実直視 296

  4. モチベーションを上げるよりも大事なこと 311

  5. 動きの本質 40

  6. 飛距離を生む理想的なスイングイメージは? 74

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498