飛距離アップに力こぶは必要? 173

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

世界の有名なドラコン選手などを見ると

腕が太くて力こぶが大きい選手がたくさんいます。

いかにも飛ばしそうなカラダつきで男として憧れのカラダですね。

 

しかし腕を太くすることは本当に飛距離アップするうえで必要なことなのでしょうか。

 

ドラコン選手以外でもタイガーウッズ選手やマキロイ選手は腕っぷしが有名です。

しかしあのカラダは腕だけを単発に鍛えたわけでなく、

どちらかというとカラダ全身を使うトレーニングをして

自然に腕が太くなったという筋肉の付きかたです。

 

例えば単純に腕の曲げ伸ばしをするアームカールだけで鍛えたのではなく、

ベンチプレスや腕立て伏せ(主に胸の筋肉)をして、

体幹→胸→腕と効率的に筋肉を連動させながら鍛えています。

 

これは一部分の筋肉を集中的に鍛えるのではなく、

カラダ全身の筋肉ををつかって鍛えた方がゴルフにとって大切だということです。

 

%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%81%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

 

ゴルフは全身の筋肉をうまく連動させてスイングします。

なので筋トレで一部分だけ筋肉を鍛えることは飛距離アップに繋がることはほとんどありません。

 

最近は体幹トレーニングなど、体幹の筋肉のみを鍛えるのが流行になっていますが、

体幹は下半身からのパワーを上半身に繋げる架け橋みたいなものです。

必ずしも体幹を鍛えるだけで競技力がアップするというものではありません。

もちろんプロスポーツ選手などは尋常ではない運動感覚を持っているので

鍛えた体幹をそのままスポーツ動作に結びつけることも可能なのかもしれません。

 

 

話がそれましたが、

結局全身の筋肉を連動させて筋トレをすることがゴルフには重要だということです。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

 

 

関連記事

  1. サッカーW杯 日本 対 ベルギー戦について 371

  2. 勉強会を終えて 276

  3. 2018年を振り返って 415

  4. “情報”について 384

  5. 国内メジャー最年長優勝 353

  6. 身体を変えなければ飛距離が落ちるのは当たり前 217

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.07.28

    連日のラウンドでも疲れないためのトレーニング 490

  2. 2021.07.24

    東京オリンピック開幕 489

  3. 2021.07.21

    筋力は自信があるのに飛距離で負けてしまうのはなぜ?? 4…

  4. 2021.07.18

    捻転を意識しているけど上手くいかないあなたへ 487

  5. 2021.07.10

    ゴルフと一緒にすると飛距離アップするスポーツBest3 …