冬のゴルフはウォーミングアップで決まる! 310

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの小岡洋天です。

 

寒くなってきました...

 

寒くなると飛距離は落ちやすくなります。

だからこそこの時期に飛距離で差をつけるには

ラウンドや練習前の“ウォーミングアップ”で決まります。

 

そこで質問です。

 

あなたはちゃんとウォーミングアップをしてますか?

 

「球を打っているうちにカラダは暖まる!」

 

というあなたは、ダメゴルファー!!

(ブルゾンチエミ風に書いてみました)

 

カラダが暖まっていないうちに球を打つということは

筋肉が硬い状態でスウィングをしているということです。

そして筋肉が硬い状態で球を打つとどうなるか?

 

“答え”は動きが硬い状態でスウィングを覚えようとします。

これでは悪い癖をつけているようなもの。

 

なので、球を打つ前はカラダがスムーズに動かせる状態でなければいけません。

 

そのための“ウォーミングアップ”をするべきなのです。

 

 

ではどのようにウォーミングアップをするのか。

それは反動動作を入れながらウォーミングアップをすることです。

 

基本的にカラダの動きをスムーズにするためには体温を上げなくてはいけません。

そのために筋肉に刺激を入れていくのですが、

筋肉には

すぐに熱を生む筋繊維

時間をかけて熱が生まれる筋繊維とがあります。

 

もちろんウォーミングアップはできるだけ早くカラダを暖めた方がいいので、すぐに熱を生む筋繊維を刺激する必要があります。

そしてその筋繊維というのが速筋繊維になるのです。

 

速筋繊維は素早くカラダを動かすことができる筋繊維なので

反動を使ってウォーミングアップをすることが適切なのです。

そうすると体温が数分のうちに上昇してくれます。

 

まちがえてもただ単に筋肉を伸ばすだけのストレッチで終わってはダメです。

夏場ならまだしも冬場ではほとんど効果がありません。

ましてや怪我の防止にもならないでしょう。

 

適切なウォーミングアップをすることは

ゴルフパフォーマンスを高めるだけでなく、怪我の防止にも役立つのです。

 

 

あなたのウォーミングアップは正しくできていますでしょうか?

 

 

今一度適切なウォーミングアップを行いましょう。

そうすると冬のゴルフはライバルよりも一歩優位に立つことができます。

 

 

それでは失礼します。

関連記事

  1. ゴルフ前の準備運動は〇〇が最適 189

  2. ゴルフ前のウォーミングアップには〇〇が最適 175

  3. ベストな状態をつくりだすウォーミングアップ 242

  4. AIの時代 287

  5. 冬場の飛距離ダウン防止対策 197

  6. コンディショニングの罠 449

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498