ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉とは? 501

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

先日 生徒さんから

「 デシャンボー、世界ドラコン1回戦突破しましたね 」

とご連絡をいただので 早速ネットで検索しました↓

 

 

本当に出場していたんですね…

 

しかも、400ヤード超え連発。笑

 

ベスト8では敗退したみたいですが、

相変わらず規格外の飛距離。

 

デシャンボーは自分に制限をかけることが

微塵もなさそうですね。

 

本当におもしろい選手です。

 

 

さて今回のドラコン世界大会で優勝したのは

デシャンボーとも親交が深い、
(デシャンボーの飛距離アップの師匠とも言える)

ドラコン世界ランキング No. 1の

カイル・バークシャーでした。

 

準決勝では425ヤード、

決勝では422ヤードをマーク。

 

安定した実力を見せて見事

世界大会2連覇を果たしました。

 

 

さてそんなカイル、

以前デシャンボーと対談した時に

飛距離アップにとって

重要な筋肉について語ってくれてました。

(この時に8Iで300ヤード飛ばしてました。笑)

 

その動画の内容がこちらです↓

 

この動画で説明しているように

飛距離アップにとって一番重要な筋肉が

もも裏にあるハムストリングだと語っています。

 

これは科学的にも正しくて

ヘッドスピードに関係が深いのが

左脚のハムストリングだと分かっています。

*参考文献『プロゴルフで求められるエビデンスと研究を実施する際の問題点』

 

ハムストリングについて詳しく説明すると

もも裏にある大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋、

と言われる筋肉の総称で

主な作用は膝を曲げる動作や

股関節を伸ばすときに使われる筋肉です。

 

 

そして なぜこの筋肉が

地面を素早く押すのに有効なのかというと

筋肉自体が素早く収縮できる

構造をしているからなんですね。

 

さらに専門的なことを書くと

長くなるので今回は割愛しますが、

要はこのハムストリングを鍛えることで

飛距離が伸びる可能性が

高くなるということです。

 

では実際に

どんなトレーニングをすればいいのかというと、

基本的にデッドリフトスクワット

そしてレッグカールノルディックハムストリング

という種目をすることでこの筋肉は鍛えられます。

*やり方はGoogleやYouTubeで種目名を検索すると解説や動画が出てくるのでご確認ください。

 

特にノルディックハムストリングは

地面を押す瞬発力に有効なトレーニングとして

近年 注目を集めています。

 

最近だと

サッカーの名門バロセロナFCでも

この種目を取り入れていますね。

 

ただし、

ノルディックハムストリングは

強度が高くなるため

デッドリフトやスクワット、

レッグカールをして

ある程度ハムストリングを強化してから

トライした方がいいです。

 

いきなりやると

肉離れをしたらいけないですからね。

 

 

 

もしあなたが飛距離アップのために

トレーニングをしている最中、

もしくは 始めようと考えているのなら、

ハムストリングを鍛えることも忘れずに

取り組んでみて下さい。

 

意外とハムストリングは

自分では見えにくい筋肉なので

トレーニングでおろそかにしがちですからね。

 

 

それでは失礼します。



関連記事

  1. プロが考える“飛ぶカラダ”とは? 394

  2. 安定感を出すスイングにするには 70

  3. 飛距離アップのためのカラダの使い方 399

  4. どうして同じ“スクワット”でも効果は違うのか 214

  5. ゴルフ飛距離アップのための外腹斜筋 46

  6. ゴルフヘッドスピードを上げるための準備段階 31

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498