バックスウィング前の理想的なカラダの状態 38

大阪で活動するゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

ゴルフスイングの動作は

準備動作 アドレス〜トップ

主動作 ダウンスイング〜インパクト

終動作 フィニッシュ

に分けられます。

 

特に私が重要だと考えているのは準備動作です。

このアドレスからトップまでの動きがスムーズに楽にカラダが回転すると

その後のダウンスイングで加速しやすくなります。

 

ではどうすればバックスイングでスムーズカラダが動くのかというと、

アドレス時にカラダがストレスなく楽に構えることができるかが大切になってきます。

これが出来ると背骨(胸椎部分)、肩甲骨、肩関節の柔軟性が高まりバックスイングでスムーズな動きが生まれます。

 

あとは地面の重力を利用しながら主動作の最初で力を出し、手に持っているクラブをしならせながらヘッドを加速させていきます。

するとボールに最大のパワーが伝わり飛距離が伸びていきます。

 

結局はカラダを力みのない自然体に戻してあげることがゴルフの飛距離アップには必須になってくるのです。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 体幹の〇〇を広げる 392

  2. “体幹=インナーマッスル”ではない! 220

  3. プロが考える“飛ぶカラダ”とは? 394

  4. 体幹トレーニングはゴルフに最適? 2

  5. 地面を押すトレーニングでは〇〇の向きが重要 400

  6. 恐るべし、百獣の王 210

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.06.26

    噂の勉強会に参加してきました 527

  2. 2022.06.18

    行ってきました! 526

  3. 2022.06.02

    飛距離と方向性を両立するトレーニングの考え 525

  4. 2022.05.21

    ゴルフ肘の原因・対処法 524

  5. 2022.05.13

    トレーニング間隔はどれくらいが正解? 523