体幹を使って飛ばすには 96

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

  

 

ゴルフで飛距離を伸ばすためには

体幹を使ってスイングすることが必要だと

いろいろな雑誌、本などで言われています。

 

しかし、分かっているけどそれが出来ないから困っているんですよね。

 

いくら体幹トレーニングしても

いくら筋肉がついても

その必要な体幹の筋肉が

うまく使われていなければ

ゴルフの飛距離は伸びていきません。

 

“うまく使う”とは

バックスイングからダウンスイングに切り替えるとき、

初動作で体幹(腹斜筋)から使われているか

体幹→肩→腕→手と順番にパワーが生み出されているか

ここが重要なんです。

 

逆に“うまく使えていない”とは

初動作で手から力が入ってしまうスイング。(いわば手打ちの状態)

こうなると

手→腕→肩→体幹と順番にパワーが生み出されます。

 

 

体幹スイングとはカラダの中心から外に向けてパワーが生み出される動き。

手打ちスイングはカラダの外側から中心に向けてパワーが生み出される動きです。

 

この動きによって筋肉のつき方、姿勢、重心の取り方が全然違ってきます。

 

そしてプロは決まってカラダの中心からパワーが生み出す動きになっています。

 

まずはパワーが効率的に生み出す姿勢、重心、軸の取り方をカラダに刻み込むこと。

 

それを無意識レベルまでカラダに落とし込むこと。

 

それが出来ると力みのないスムーズな動きがカラダに染み込みます。

 

ゴルフの飛距離を伸ばすためにがむしゃらに筋トレをする筋肉バカになってはいけません。

せっかくの努力を絶対に無駄にしないでください。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. スイングで最も重要なこと 282

  2. 楽しみながらできる飛距離アップトレーニング 377

  3. キレのある動きとは 234

  4. プロが考える“飛ぶカラダ”とは? 394

  5. 50代から飛距離アップする3つのポイント 240

  6. スウィングで肩に力みが出る理由 34

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.11.20

    感動しました 543

  2. 2022.11.15

    50歳を超えたフィル・ミケルソン、なぜ飛距離が落ちないの…

  3. 2022.11.08

    蝉川プロが練習前にしていた意外な行動 541

  4. 2022.10.30

    プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540

  5. 2022.10.22

    ハンドファーストの真実 539