正しい動きを呼び覚ますたった一つの方法 255

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です

 

 

“正しい動き”

 

これは『地面反力を効率的に生み出す動き』と私は考えています。

地面反力とは地面を押した分だけ返ってくる力のこと。

人間のカラダはこの地面反力を瞬発的に発揮することによって、カラダの回転運動を生み出します。

 

そしてゴルフ飛距離はこの地面反力によってヘッドスピードが決まります。

プロの飛ばし屋でもこの力を利用してヘッドスピードを加速させている人がほとんどです。

 

ダスティン・ジョンソンのスイングが良い例ではないでしょうか。

バックスイングで右膝が伸びて、そこから一気にインパクトにあけて、左足で地面を踏み込んでいます。

そうすることで世界屈指の飛距離を獲得しているんですね。

 

 

それでは地面反力を効率的に生み出すためにトレーニングでは何をすればいいのか??

 

それはスクワットを行うことです。

 

ただし、見よう見まねのスクワットではいけません。

正しい足裏の重心の位置を見つけて

正しく力を抜くことが重要になります。

 

正確には内くるぶしの延長線上と、

人差し指の延長線上が交わった部分。

ちょうど土踏まずに入るか入らないかという辺りです。

 

そこに重心を乗せると足裏に体重がまんべんなく乗るはずです。

その位置を感じとれたらあとは力を抜いてしゃがみ込むことです。

そうすることでその重心位置を中心に足首、膝、股関節が曲がり、

自然な形でスクワットができるようになります。

そうすると地面反力によって効率的にカラダが楽に跳ね上がるようになります。

 

だからといってすぐに“正しい動き”のスクワットが出来るかは

あなたのカラダの癖によっても変わります。

 

自分自身が正しくできていたと思っていても

実際に動きを見ると改善点があることがほとんどです。

 

まずはそれを一つ一つ改善していくこと、

そしてそれを無意識でも行えるようすること。

そうすることで本当に“正しい動き”が完成されていきます。

 

スクワットはただしゃがむだけで簡単だと思っていませんか?

このシンプルな動きにこそスイング動作の本質が隠れているんです。

その動きをあなたも是非獲得して下さいね。

 

それでは失礼します。

関連記事

  1. ゴルフの振り抜き 12

  2. 飛距離と方向性を両立するトレーニングの考え 525

  3. 自分のカラダを理解することはゴルファーにとって必須 36

  4. ゴルフで飛ばなくなるとある現象がカラダにおこる 6

  5. “体幹=インナーマッスル”ではない! 220

  6. 恐るべし、百獣の王 Part2 211

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2022.11.30

    【2022年版】女子ツアーのデータから見えてきた今後プロ…

  2. 2022.11.20

    感動しました 543

  3. 2022.11.15

    50歳を超えたフィル・ミケルソン、なぜ飛距離が落ちないの…

  4. 2022.11.08

    蝉川プロが練習前にしていた意外な行動 541

  5. 2022.10.30

    プロのような沈み込みはどうやって起きるの?? 540