プロとアマのスイングリズムについて 592

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

 

 

ゴルフスイングは

リズムが大事だというのは

よく言われますよね。

 

実はこのリズムには

プロに共通していることがあります。

 

それは

「3:1の法則」

 

これはプロが

アドレスからトップまでが「3」

トップからインパクトまでが「1」

の比率でスイングをしていると言う法則です。

一方、アマチュアは

このリズムから離れる傾向にあります。

 

実はこれ

イェール大学の研究チームが

実際にプロとアマのスイング時間を計測して

検証したこともあります。

 

その結果、

プロがほぼ共通して

「3:1」のリズムで

スイングしていることが

明らかになったんですね。

ではなぜプロが

こういった「3:1」のリズムで

スイングをしているのか?

 

ここからは私の考察ですが

プロはクラブの遠心力(慣性)を

効率的に活用しているからだと考えられます。

 

これは腕を使って

力まかせにクラブを振っているのではなく、

クラブが自然に生み出す遠心力を
(手で握ってなかったらクラブが離れていくエネルギー)

最大限に利用しているからです。

 

クラブのエネルギーを

効率的に活用しているので

軽く振っているように見えて

遠くに飛ばすことができるんですね。

 

この遠心力(慣性)を利用したスイングが

物理的に「3:1」のリズムを

生み出しているのだと考えられます。

 

もちろん私は学者ではなので

そういった専門的な計算はできませんが、

クラブエネルギーに関する専門家のデータを見ると

この考えが最も腑に落ちます。

 

最近ゴルフ界で注目されている

「引いて引く」や「振り子運動」を

適切に実施することで

自然とこの「3:1」のリズムになります。

 

また耳で

この「3:1」のリズムを聴けるアプリもあります↓

 

このリズム音に合わせて練習することで

クラブの遠心力を自然と活用することが

できるかもしれませんね。↓

 

「3:1」にするための

アプローチ方法は色々とありますが、

大きく分けて下の↓3パターンかなと考えています。

 

1、連続素振りでクラブを引き続ける「手の感覚」を教育する

2、リズム音を耳で聞きながら「リズム感」を教育する

3、インパクトバックを叩いて「インパクトイメージ」を教育する
=結果クラブを引き続けることができるので「3:1」のリズムになる

 

人によってうまくいきやすいパターンはあるので

色々と試してみて下さい。

関連記事

  1. 「プロだからできるんだよなぁ、、」595

  2. 安定感が高まるアドレスとは:プロのアドレスが綺麗な理由 57…

  3. ゴルフ力学の全て:飛距離と精度両立の秘訣 582

  4. スイングの「大事なこと」と「そうでもないこと」の見極め方 5…

  5. スイングの原理原則を考える 574

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2024.04.07

    ゴルフ界の伝説、宮本留吉から学ぶグリップから人生哲学まで…

  2. 2024.03.31

    スイングにおける「地面反力」の理解とその影響 598

  3. 2024.03.24

    グリップの握り方に “正解” はあるのか 597

  4. 2024.03.17

    56歳で現役ツアー優勝した伝説のプロゴルファー 596

  5. 2024.03.10

    「プロだからできるんだよなぁ、、」595