ゴルフのための柔軟 41

大阪で活動するゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

ゴルフ飛距離を伸ばすためには柔軟性を上げることがとても重要です。

 

ただその柔軟性を高めるために、間違った方法でおこなう人が多いように感じます。

特にストレッチでいうとゆっくり筋肉を伸ばす静的ストレッチが典型的です。

 

これは「じわ〜」と筋肉を伸ばすので見た目の動きは止まっているように見えます。

 

確かにそれをした直後は関節の可動域が拡がり柔軟性が高まったように感じます。

しかし数分すると元通りに戻っていることが多いのがほとんど...

わずか数分の効果なのでゴルフスウィングにとって柔軟性を高めたとは言えません。

 

スウィング動作というのはカラダが動いている状態で柔軟性を必要としているので、

ゆっくり伸ばす静的ストレッチには不向き。

 

もちろん極端にカラダの硬さが見られる人は

静的ストレッチからアプローチした方がいい時もあります。

しかしほとんどの人はカラダを動かしながら筋肉を伸ばす動的ストレッチの方が効果的なのです。
*動きの中でストレッチを促すため関節内のはまりも良くなり関節自体の動きもスムーズになります。

 

あとは力を出すタイミングやその前にリラックスしている状態をいかに作れるかが飛距離アップにとって大切になっていきます。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 40歳過ぎてからのカラダ作り 152

  2. フルスイングすると方向性が安定しなくなる理由 244

  3. “開脚” “前屈” の柔軟性はゴルフに必要?? 262

  4. スイングの柔軟性を高めるためには〇〇が重要 79

  5. ゴルフスウィングにとって大切な柔軟性 28

  6. ゴルフ飛距離アップのためにはどこの柔軟性を高めればいいの? …

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2023.02.04

    ゴルフの上達を阻む障害 551

  2. 2023.01.22

    もうゴルフをやめようかと思っても、諦めきれない方へ 55…

  3. 2023.01.13

    安定した飛距離アップのコツはインパクト!正しいインパクト…

  4. 2023.01.06

    加齢による体力低下に歯止めをかけ、今年こそ飛躍したい方へ…

  5. 2022.12.30

    2022年を振り返って 547