ゴルフスイングにとっての重心 85

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。 

 

 

本日は重心について書いていきます。

ただ重心といってもスポーツ種目によって

いろいろな重心の定義があります。

 

そこでまずはゴルフスイングにとっての

重心を考えていきたいと思います。

 

ゴルフにとっては

その場でカラダのバランスを保持するために

必要な重心が大切です。

 

そこはどこかというと、

内くるぶしと人差し指の延長線上に交わる部分(土踏まずに入るか入らないかの境目辺り)になります。

 

ここに重心のポイントを置くことで、

足裏に均等に体重がかかります。

 

両足を肩幅に開いて立ち、

重心を置き続けて、

カラダを前後左右に動かすと、

カラダのバランスが取れるようになります。

 

また、正しい姿勢として力みのない直立姿勢が取りやすくなります。

 

実際にその状態でアドレスを取ってみてください。

 

いかがですか?

 

うまく出来ていれば、いつもより安定感がでてきます。

この感覚をつかむことでスイング中ブレない軸を作ることができます。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

(次回は脱力について書いていきます。)

 

小岡 洋天

関連記事

  1. ゴルフは姿勢が土台です 69

  2. バックスウィング前の理想的なカラダの状態 38

  3. 37兆2000億個 293

  4. スイングの再現性を高めるために 126

  5. “付けた”筋肉と“付いた”筋肉の違い 445

  6. ゴルフスウィングのブレない軸は〇〇の筋肉で決まる 35

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.04.26

    飛距離アップに結びつくスクワットとは? 479

  2. 2021.04.23

    ターゲット・オリエンテッド精神 478

  3. 2021.04.12

    歴史が動いた瞬間 477

  4. 2021.03.17

    ウエストウッド(48歳)の強さの秘密 476

  5. 2021.03.10

    ゴルフの調子を左右するマインド 475