ゴルフ飛距離アップのための外腹斜筋 46

大阪で活動するゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

ゴルフの飛距離アップをおこなう上でカラダをねじる回転力がとても大切になってきます。

この回転力を上げていくためにはワキ腹にある外腹斜筋という筋肉の筋力発揮が大きく関与しています。

 

そしてこの外腹斜筋を筋トレでただ鍛えたら良いと言うわけではなく、

ゴルフスイング時に外腹斜筋が効率よく使えるようにカラダに落とし込んでいくことが重要になります。

 

そのためにティーチングプロにスイング技術を教えてもらうことも必要ですが、

それ以前にカラダが楽に力みなく立てる状態を作らなければなりません。

 

立った状態で違和感があったり、姿勢が悪かったりすると、

カラダの回転力に必要な外腹斜筋が効率良く使われることがなく、

回転スピードが落ちてヘッドが加速しません。

 

外腹斜筋を単体で鍛えることも必要ですが、

そのキーとなる筋肉をいかに最大限に活用出来るかがゴルフ飛距離アップトレーニングのPointになってきます。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 筋肉をつけるだけでは飛距離は伸びない 123

  2. “正しいスクワット”をおこなうための3つのポイント 367

  3. “ゴルフは体幹”という意味 93

  4. なぜ筋力トレーニングで飛距離アップするのか? 248

  5. “精密” “正確”を作り出す動きとは 411

  6. バックスウィング時、左肘が伸びないのはなぜ? 17

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.04.26

    飛距離アップに結びつくスクワットとは? 479

  2. 2021.04.23

    ターゲット・オリエンテッド精神 478

  3. 2021.04.12

    歴史が動いた瞬間 477

  4. 2021.03.17

    ウエストウッド(48歳)の強さの秘密 476

  5. 2021.03.10

    ゴルフの調子を左右するマインド 475