バックスウィング時、左肘が伸びないのはなぜ? 17

関西・大阪で活動するゴルフ飛距離アップ専門パーソナルトレーナー の 小岡 洋天 です。

 

 

バックスウィングの時、左肘は(右利きの場合)かならず伸ばせと言われたことはありませんか?

 

私は大学のゴルフ部時代によく言われました。

そして、その意識が間違いで無理のあるスイングをしてしまっていた時期がありました。

 

個人的には一般のゴルファーはそこまで肘を伸ばすことを意識する必要はないと考えています。

あくまでも結果的に「肘が伸びた」が正解で、

「肘を伸ばす」ではなく「肘が自然に伸びた」でなければいけません。

 

ではなぜ肘が伸びない人がいるのかというと、

1つの理由として上半身の柔軟性に原因があります。

 

ゴルフのバックスウィングに必要な柔軟性が欠けているのにいくら正しいスイング動作を修正しようとしても、それを補うために代償動作が発生してしまいます。

 

これはバックスウィング時、無理に左肘を伸ばすことで本来固定させなければいけない関節が動きスイングの軸がブレてしまいます。

 

これではクラブのヘッドスピードも加速せず、ボールへのミート率も下がってしまいます。

結果、飛距離も落ち、方向にもブレが出てしまうわけです。

 

大切なことはバックスイング動作でどの関節部分、どの筋肉の硬さが邪魔をしているか見抜かなくてはいけません。

そして、そこを見抜いた上でカラダに適切な刺激(運動動作や身体調整など)をいれていく必要があります。

 

スイングフォームを求めることは必要です。

しかし自分のカラダが効率良く、適切に動ける状態かどうかを知り、改善していくことはもっと重要なことなのです。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 素振りでヘッドスピードを上げる方法 385

  2. 体幹トレーニングはゴルフに最適? 2

  3. 筋肉を大きくするよりも大切なこと 346

  4. スピードトレーニングで結果を出すために最も重要なこと 441…

  5. 筋肉の緊張を取る方法 131

  6. ゴルフヘッドスピードを上げるための準備段階 31

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2023.01.22

    もうゴルフをやめようかと思っても、諦めきれない方へ 55…

  2. 2023.01.13

    安定した飛距離アップのコツはインパクト!正しいインパクト…

  3. 2023.01.06

    加齢による体力低下に歯止めをかけ、今年こそ飛躍したい方へ…

  4. 2022.12.30

    2022年を振り返って 547

  5. 2022.12.17

    【2022年版】男子ツアーのデータから見えてきたトッププ…