正しく楽に立つとゴルフは変わる 110

大阪で活動する

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

ゴルフスイングをする上でカラダに緊張があると

スイングでスムーズな動きが生まれません。

 

これはマインド、スイング技術などいろいろな要因がありますが、

まず第一に大切なことは正しく楽に立つということです。

 

ほとんどの人がこの“立つ”ということに日頃から慣れすぎていて

正しく楽に立つのがどういった状態なのかも分からないのではないでしょうか。

 

私自身は”正しく楽に立つ”ということを自然体といっているのですが、

これは究極的に骨だけで立つ状態を意味します。

 

骨だけで立つと骨についている筋肉に力みがなくなり、

ただブラリとついている状態です。

 

これは全く筋肉に緊張がない状態。

 

そしてお尻を後方に引いて腰を少し落とせば理想的なアドレスの完成です。

あとは上半身の捻転運動でスイングをすれば

緊張が少なくスムーズなスイングが生まれます。

 

この自然体を習得するために足裏の重心の位置、

しゃがんだ状態から立ち上がるときのカラダの使いかたをマスターすることです。

 

最初は意識的にカラダを動かすことになりますが

慣れてくると無意識的に自然体スイッチが入ってゴルフに落とし込みやすくなります。

 

まずはこの自然体をカラダに覚え込ますこと。

そこからがゴルフ飛距離を伸ばす準備段階になります。

 

 

本日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

小岡 洋天

関連記事

  1. 解決できない問題はない 352

  2. ウェイトトレーニングの起源 201

  3. スウィング改造の罠 467

  4. 悪口のコツ 355

  5. ゴルフをする意外なメリット 63

  6. できているつもりが一番怖い 101

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.07.28

    連日のラウンドでも疲れないためのトレーニング 490

  2. 2021.07.24

    東京オリンピック開幕 489

  3. 2021.07.21

    筋力は自信があるのに飛距離で負けてしまうのはなぜ?? 4…

  4. 2021.07.18

    捻転を意識しているけど上手くいかないあなたへ 487

  5. 2021.07.10

    ゴルフと一緒にすると飛距離アップするスポーツBest3 …