自己流のトレーニングに限界を感じている方へ 453

こんにちは

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡洋天 です。

  

 

「 自己流でトレーニングをしてきたけど

  思ったより飛距離が伸びず

  自分なりのトレーニングに限界を感じている… 」

 

 

もしあなたがそのように感じているのなら

そこが自己流の限界かもしれません。

 

 

もちろんスウィングを改造したり

クラブを変えたりすることで

一時的に飛距離が伸びることがあります。

 

しかし、それだけでは

年齢ととも落ちる体力によって

いずれ飛距離が落ちてきます。

  

また、体力だけならまだしも

落ちた飛距離を戻そうと

力任せのスウィングになって

怪我をする可能性もあります。

 

そうならないためにも

あなたに必要なフィジカルを身につけることは

今後、ゴルファーにとって大きな分岐点になります。

 

では実際に、どのように考えて

トレーニングを実施していくことが

必要なのでしょうか?

 

 

そこで今回は飛距離アップに必要な

トレーニングの考え方を説明していきます。

 

 

飛距離アップのトレーニングに必要な考え方

 

私が最初に考えることは

“現在のスウィング” と “目標とするスウィング” に

どのようなギャップがあるのかということ。

 

それは

スウィングの柔軟性や筋力、瞬発力など

いろいろな要素がありますが、

私が特に重要視しているのが

スウィングの “リズム” です。

 

 

多くのゴルファーが良いスウィングには

良いリズムが大事だと分かっていますが、

ほとんどの方がその重要性を理解していません。

 

実はイェール大学の研究チームでは

プロとアマチュアでスウィングリズムが

大きく変わることを証明しています。

 

それは

アドレスからトップまでの時間と

トップからインパクトまでの時間が

3:1の比率に近いほど

上級者になる確立が高いということ。

*詳しくはこちら→イェール大学が示したプロとアマとのスウィングの違い

 

 

ですので飛距離アップをするために

ただ単に切り返しで

力任せに振るための筋力をつけるのではなく

適切なリズムでクラブを振るために

どういった動きが必要かを

考えていくことが重要なのです。

 

 

そうすることによって

そのリズムで振るために

どんなフィジカルが

必要かが見えてきます。

 

 

ただがむしゃらに

体幹や瞬発力を上げるのではなく

明確なスウィング動作から逆算して

トレーニングを考えていかなければならないのです。

 

 

あなたは自分自身のスウィングリズムを

どのくらい理解していますか?

 

もしトレーニングをしているのに

まったく結果が変わらないのなら

あなたに合ったリズム(動き)で

スウィングができていないかもしれません。

 

そのために

今一度あなたのスウィング動画を撮って

“いい時” と “悪い時”のリズムを

測定することが大切です。

 ( 私は『Coach`s Eye』というアプリを使って測定しています )

 

そして自分にあったリズムを見つけて

そのリズムで振れるフィジカルを身につけることが

あなたの今後のゴルフを左右します。

  

 

それでは失礼します。

関連記事

  1. “付けた”筋肉と“付いた”筋肉の違い 445

  2. 意外にわからない自分のカラダ 1

  3. クラブと一体化するためには 300

  4. タイガーの勝利!! そして〇〇の必要性 396

  5. ローリー・マキロイのトレーニング 8

  6. 体幹は鍛えるのではありません 82

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.04.26

    飛距離アップに結びつくスクワットとは? 479

  2. 2021.04.23

    ターゲット・オリエンテッド精神 478

  3. 2021.04.12

    歴史が動いた瞬間 477

  4. 2021.03.17

    ウエストウッド(48歳)の強さの秘密 476

  5. 2021.03.10

    ゴルフの調子を左右するマインド 475