ゴルフによる下半身の役割 271

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です。

 

 

ゴルフによる下半身の役割とはなにか?

それは上半身から腕、クラブまでの動きを支えることが大前提になります。

 

そのためにしなければいけないのは筋肉を鍛えるだけではなく、

それ以前に“支える”ということが必要ですから、

立つ、安定させることが始まりにならないとおかしいわけです。

 

「ゴルフは下半身だ!」

「筋肉をつけないといけない!」

 

と思ってトレーニングすることがダメではありません。

その中で安定させる感覚を獲得することも大切だということです。

 

しかしそのまえに感じてもらいたいのが、

“地面となじむ”という感覚です。

 

力で地面を押さえつけるのではなく、骨格を適切に立てて、骨だけで楽に立つというイメージです。

そして足裏が地面に吸い付いている感覚です。

 

この感覚が感じられるとバランスが前後左右にブレることが少なくなります。

とくにゴルフ場で真っ平らな場所はティーグランドぐらいですよね。

フェアウェイど真ん中でも地面は少なからず傾いているものです。

そうなるとゴルフはいかに“地面となじむ”かが重要になるわけです。

 

 

『安定して楽に立つ』

これができると下半身の筋肉はニュートラルに近い状態だといえます。

だからこそ、ひとたび動き出せばそれらの筋肉を最大限に活用できるのです。

それが安定した飛距離にもつながっていくのです。

関連記事

  1. ゴルフに筋トレは必須なのか 256

  2. 飛距離アップのために大切なこと 147

  3. 主観と客観のズレ 446

  4. ゴルフのための筋力トレーニング 100

  5. 真のリラックスとは 145

  6. ゴルフと一緒にすると飛距離アップするスポーツBest3 48…

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2021.10.16

    私が考えるクラブ選びのポイント 502

  2. 2021.10.05

    ドラコン世界チャンピオンが語る 飛距離アップに重要な筋肉…

  3. 2021.09.27

    ゴルフで飛距離アップするためのトレーニング5選 500

  4. 2021.09.15

    怒りのコントロール法 499

  5. 2021.09.07

    飛距離と方向性の両立 498