“開脚” “前屈” の柔軟性はゴルフに必要?? 262

ゴルフ飛距離アップ専門

パーソナルトレーナーの 小岡 洋天 です

 

 

最近は“開脚”や“前屈”といったカラダの柔軟性を上げる本が出てきました。

もちろんこういった柔軟性はとても重要なのですが、

これがあなたの目的に合っているかが一番大切なんですよね。

 

「開脚して胸が床にピタッとついた」

「前屈で手が床につくことができた」

 

でもこれって本当にゴルフに必要な柔軟性?

という疑問を持つことが大切なんです。

 

 

 

スイングする時にカラダは大きく開脚している?

スイングする時にカラダは前屈している?

あなたのスイングにその柔軟性は必要?

 

もう一度、どこの柔軟性がどれくらい必要なのかを確認してみてください。

そしてもっとシンプルに考えてみて下さい。

 

するとゴルフにとって

飛距離アップにとっての柔軟性が見えてきます。

 

それでは失礼します。

 

関連記事

  1. 飛距離アップのための柔軟性とは? 138

  2. 40歳過ぎてからのカラダ作り 152

  3. バックスイングの伸び上がり 108

  4. なぜ手打ちになってしまうのか? 224

  5. みなさんに伝えたい柔軟トレーニング 307

  6. スウィングの“捻転差”はどこから生まれるのか 372

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームより
宜しくお願いいたします。

”お問い合わせ”

プロフィール

ast_88545d

小岡 洋天(こおか ひろたか)

詳しいプロフィール
  1. 2023.02.04

    ゴルフの上達を阻む障害 551

  2. 2023.01.22

    もうゴルフをやめようかと思っても、諦めきれない方へ 55…

  3. 2023.01.13

    安定した飛距離アップのコツはインパクト!正しいインパクト…

  4. 2023.01.06

    加齢による体力低下に歯止めをかけ、今年こそ飛躍したい方へ…

  5. 2022.12.30

    2022年を振り返って 547